子連れで潮干狩りの持ち物ベスト8


1ヶ月もすればG.W!潮干狩りのシーズンです( ´ ▽ ` )

お子様連れで潮干狩り♪に必要な持ち物ベスト8をご紹介します。

  • ザル
  • 網の袋
  • 蓋つきバケツ
  • タオル
  • 水着・ラッシュガード・帽子
  • 小さい椅子
  • サンシェード
  • 洗濯バサミ

スポンサーリンク

ザル

潮干狩りのアイテムとして筆頭に上がるのは熊手なような気がするんですが、わが家はあまり使いません。熊手は性格的に合わないみたいなんですよね(^^;;


熊手の場合、熊手で砂を引っ掻いてアサリを探して1つ1つ拾っていくんだと思うんですが、それだとストレスたまるんですよ(^^;;


両手でガッと砂をすくってザルの上にドサっと乗せて、水に浸しながらふるうと貝だけが残るので、小さいアサリは海に戻したら網にバサっと移します。

網の袋・蓋つきバケツ

ということでザルですくい上げたアサリをザッといれておく網の袋は必須です。
潮干狩りの最中は網を海に浸かるようにしておけばアサリは生きたまま確保しておけます。


そして持って帰るときに必要なのが蓋つきのバケツ。

アサリの持って帰り方は達人になるほど色々と流派があるみたいですが、ひとまずバケツがあれば大丈夫。バケツに海水をいれて、アサリを入れて持って帰ります。


蓋があれば車の中で水が跳ねることもない…と思う。

タオル

潮干狩り。特に子供は結構濡れます。
海水浴並みに濡れる覚悟でタオルを用意していった方がいいです。

スポンサーリンク

水着・ラッシュガード・帽子・サングラス

子供は水着必須です。大人も結構濡れるのでなるべくならセパレートタイプの水着の方がおすすめです。水着じゃなくても着替える前提で。


そして半端なく焼けるので、ラッシュガードか濡れてもいいシャツと帽子も必須です。サングラスもあった方がいいです。

潮干狩りの時期はまだ更衣室が空いてないことが多いので、着替えはサンシェードの中か車の中になります。


それを考えると上にフレアーやギャザータイプのロングスカートの下に水着を着ていくのが効率的かなあと思っています。

小さい椅子

潮干狩りは結構長期戦になるので、ずっとしゃがんでると正直しんどいんですよ(^^;;

なので小さい椅子があるといいなあと思います。開き直って座っちゃうというのも一手ですが。


あまり大きいものだと高さがあって掘りにくいし、そもそも邪魔なので、100均で売ってるような3本の棒を組み合わせてできている簡単な椅子がいいかなと思っています。100均なら錆びても諦めつくし。

これは100均じゃないけど、こんな感じの。

実はこれはまだ実践してないんですけどね(^^;;


次に潮干狩りに行く時には絶対に持って行こうと思っています。


あ、でも小さいお子様は座ってないと思います。

そして小さいお子様を追いかける役のパパかママにも不必要です(^^;;

サンシェード

着替える場所と休憩場所、荷物置き場が確保できます。なのでフルクローズという締め切った状態にできるタイプがおすすめです。


前面が開いてるとか、後面が網だと着替えられないですからね(^^;;

洗濯バサミ

まぁまぁ長時間滞在するので、濡れたものを干しておくと潮干狩りをしている間に乾いたりします。


子供は予測不可能な動きをするので最悪洋服が全部濡れちゃうなんてことも。大体がこっちの準備と段取りが悪いせいなんだけど(^^;;
そんなときに「朝一で濡れた洋服を干しといてよかった〜」みたいなね(^^;;


タオルなんかも干せるなら干しといた方が何かと便利だし、濡れた服も少しでも乾いたら持って帰るのに楽です。


それでは今日はこのへんで。

素敵な一日をお過ごしください☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする