小学生女の子の髪型の現実


先日の運動会の髪型つながりで小学校に入ったばかりの頃の髪型に関するお話を。


おはようございますNanaです( ´ ▽ ` )

スポンサーリンク

娘は保育園児だったんですが、女の子はショートカットの子ばかりでした。


手がかからないからかな?


みんな髪型なんて「寝起きでそのまま来ました!」みたいな感じだったし、娘はロングだったのですが何もしなくてもツヤツヤサラサラの羨ましい髪質だったので、やっぱり起きてそのまま登園してました(^^;;


小学校になったら、さすがにまとめないといけないなと思ったので、低いポニーテールにして登校させていました。

で、忘れもしない小学校1年生の最初の授業参観の日。


娘はいつも通り低めのポニーテールで登校させたのですが、いざ授業参観に行ってみると、ほかの女の子たちは綺麗〜に編み込みをしてるではありませんかっっΣ(゚д゚lll)


ちょうど編み込みカチューシャが流行った時期ですよ。


衝撃を受けましたね。

幼稚園組のママたちは毎日こんなことをしてるんだ

って。


次の日から頑張りましたよ。


ただでさえ時間ないのに、しかも不器用なのに、さらっさらな娘の髪と格闘しながら編み込みしました。


いや〜頑張った 笑


そんな奮闘をしばらく続けていたんですが、ある日娘が


「編み込みなんてしなくていいよ」と。


そうはいっても周りの子が可愛くしているなら娘も可愛くしたいのが親心。


「だってみんな編み込みしてるんでしょ?みんな可愛くしてるのにひとりだけつまんない髪型じゃ嫌じゃない?」


と聞いたところ

「あれは授業参観だからだよ、あんな髪型毎日してるわけないじゃない(ー ー;)」

と非常に冷静かつ端的な回答が返って参りました。


うん、確かね、小学校1年生の5月の話だね。


アラフォーより6歳児の方が世間を分かっていたというね。


それ以来、朝のクソ忙しい中編み込みなぞするわけもなく。


そのときに買ったスプレーはそれ以降減ることはありませんでしたとさ。


めでたしめでたし?


それでは今日はこのへんで。

素敵な一日をお過ごしください☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする