子供とピクニック!の持ち物【川遊び編】


G.W.も残り2日。
お天気良くて良かったなー。


今日は子供と行く川遊びを含むピクニックの持ち物についてご紹介します。

スポンサーリンク

基本編

サンシェード・レジャーシート


サンシェードはフルクローズに限る( ̄^ ̄)!


と思っていて、今回も御多分に洩れずフルクローズ推しです。


川遊び ⇒ 濡れる ⇒ 着替える


なわけで、そして川は海以上に更衣室ないですからね。


更衣室も兼ねてフルクローズのサンシェードはおすすめです。

…と、前に書いたんですよ。


そして、目立つピンクがいいよ〜って。


先日サンシェードを持ってピクニックに行ったら、設置されていた5つのサンシェードのうち3つがピンクだったのでビックリしました。


みんなわたしのブログ読んでピンク買ったのかな?(それはない(ー ー;))


サンシェードだけだと狭いし閉塞感があるので、サンシェードの前にレジャーシートを広げるのがおすすめ。


混んでる時はあまりスペースを占領し過ぎてもアレなので、様子を見て臨機応変に…です。

方位磁針

これはサンシェードなりレジャーシートなりを日陰に配置したいときに便利。


方角がわかることで太陽の動きが予測できるので、どの位置が良いかの目安になります。


わざわざ方位磁針を持っていかなくてもアプリであるから便利ですね。


iPhoneなら標準で入っています。


ただ、木の場合、よっぽど大きい木じゃないと、計算して配置したところで大抵は日なたに追い出されます。


ピクニックは長丁場だから仕方がない(^^;;

お手拭き・ウェットティッシュ・ゴミ袋


子供ってどうしても汚します。


すぐ近くに水道があることは滅多にない…というか、そういう場所は人の出入りが激しいから避けてサンシェードを設置するので、いちいち手を洗いに行ってられない。


それから、こぼしたり、足の裏が真っ黒だったり、その他諸々不測の事態が起こるので、ウェットティッシュは結構必需品です。


そして、ウェットティッシュを使うということは、もれなくゴミ袋も必須です。

おやつ・輪ゴム


我ながら母失格だなあと思うんですが、コレついつい忘れるんですよ。


お菓子を忘れそうになり、すんでのところで思い出して


「よし、今回は忘れなかったぞ!」


と思うので力尽き、大抵輪ゴムは忘れます(^^;;


輪ゴムじゃなくて食品クリップでもいいんですけどね。


1度で食べ切らないこともあるので、袋の口を止めておくのに必要です。

スポンサーリンク

川遊び編

水着・着替え・アクアシューズ・タオル・袋


ピクニックで川遊びと聞いてどんな様子を想像します?


わたしね、裸足になってズボンを膝上くらいまでめくればOKかな?と思っていたんですよ。

甘かったです(ー ー;)

全身ずぶ濡れになる覚悟で用意してください、マジで。


娘は小学校4年生なので、さすがにずぶ濡れになるような遊び方はしないんですが、それでも長時間遊んでいると疲れてくるのか、思わず足を取られてコケることはあります。


5歳の息子は…聞かないでください(^^;;


なので初めから水着+ラッシュガードに着替えるか、下着まで含めて着替えを用意するかした方がいいです。

タオルは必須です。何は無くとも忘れちゃいけない。


そして、びしょ濡れになった洋服を入れる袋も。


靴は裸足で遊んでいる子も多いですが、やっぱりちょっと裸足は危ないので靴があった方が安心です。


アクアシューズがあればベターですが、クロックスやビーチサンダルでも。


ただクロックスやビーチサンダルは流されやすいので、その点は注意です。

川遊び用と普通の遊び道具


網、ペットボトル、バケツ、虫かごなどがあるとより楽しめます。


魚がいるかどうか分からないですが、何かしらはすくえるので楽しいみたいです。


これらも流されやすいので要注意ですσ(^_^;)


そして、ずーーーっと川遊びをしていてくれるとは限らないので、川遊び以外の遊び道具もあるといいです( ´ ▽ ` )


大分長くなってしまったので今日はこのへんで。

素敵な一日をお過ごしください☆

こんな記事も読まれています


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする