親知らずを手術で抜歯後の食事にレトルトパックの介護食を使ってみた


というわけで昨日の続き。


昨日の記事はこちら
⇒親知らずを手術で抜歯。入院期間は?痛みはいつまで?食事は?外食できる?


親知らずを手術で抜歯して、仕事復帰したはいいけど食事ができない!


口が開かないし食べ物を噛めないから外食できなくてどうしよう(´・×・`)


そうだ!レトルトパックの介護食使えんじゃね?


という件です。

スポンサーリンク

親知らず抜歯後の食事にレトルトパックの介護食という案


買ったのはこちら。

ご飯にお粥を買いたかったんだけど介護食のお粥は量が少なくて、口腔以外は健康体には物足りなかったためコンビニで売ってる一般的なお粥にしましたˉ ( ›◡ु‹ ) ˄


ちなみにこちらです。

お粥は食べたことある方も多いと思うので感想は割愛。


想像通りの食感・お味で文句なく使えます。

スポンサーリンク

問題は介護食のおかずの方ですが…


ズバリ!使えます(`・ω・´)


何がいいって舌で潰せる硬さなんですよ。


親知らずの抜歯後5日経ってるんですけど、実はまだ痛いんですよね。


物を食べるときに左で噛む癖があるんですが、右は痛くないのに左が痛い。


左は下だけ、右は上下ともに抜歯したのにね。


上下とも抜歯した右の方が早くに痛くなくなるって。。。


やっぱり左で噛むからかなあ?


因果関係は定かでないにしても単純に痛いから噛みたくない(´・×・`)


ということで舌で潰せる硬さの食事は本当に助かりますっ。


味はTHEレトルトの味なんだけどね。


食べられない今の状態ではレトルトの味でも文句言いませんっ。


職場はお昼に自宅に帰れない距離だし、水分過多なドロドロのものをお弁当に持っていくのは怖いし、かといって外食だとまったく食べられないし…。

レトルトの介護食は色々な種類出ているので、噛めるようになるまで別の味のもので乗り切ることにしました。

タッパーウェアを持って行って食器代わりに使えば、電子レンジも使えるし、食器を洗えなくても鞄を汚さずに持って帰れます( ・ᴗ・ )


親知らずを抜歯したり、おたふく風邪で物が噛めなかったり、顎関節症になって口が開かなくなったりした場合に介護食おすすめですっ。


それでは今日はこのへんで。

素敵な一日をお過ごしください☆

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする