パーソナルカラーを取り入れた洋服の断捨離の方法

■断捨離の方法のひとつとしてパーソナルカラーが有効

■意識することが大事

■基本の色を決める

■遊びたい場合は小物で

断捨離の方法のひとつとしてパーソナルカラーが有効

洋服の断捨離で悩むのが

どの服を残してどの服を処分すればいいか

その方法のひとつとして

パーソナルカラー診断が有効です

パーソナルカラーとは

簡単に言ってしまうと

自分に似合う色なのですが

パーソナルカラーをご存知ない方は

パーソナルカラー

パーソナル診断

でググってみてください。

専門の方々が沢山サイトを用意されています。

パーソナルカラー診断を調べていくと

自己診断について賛否両論あるようです。
ですが、

とっかかりとしては

自己診断でもいいんじゃないかな?

と思っています。

意識することが大事

断捨離にしても

おしゃれにしても

結局

自分が意識することが大事

プロに診断してもらっても

洋服を買うのは自分です。

パーソナルカラーが分かっても

それを洋服を買う時に活かせない

というケースもあるようです。

洋服の買い物までフォローしてくれる

プロの方もいらっしゃるようですが

一生買い物に同行してもらうのは

非現実的ですしね。

断捨離する目的は

人それぞれだと思いますが

洋服選びや洋服の管理に

振り回されたくない

という人が

多いのではないでしょうか。

意識して洋服を断捨離する。

そのために

私はパーソナルカラーを取り入れました。

基本の色を決める

パーソナルカラーは

4つの季節に分かれます。

自分の季節が分かって

4分の1に絞り込まれても

まだ多くの色があります。


断捨離してシンプリストを目指すなら

この中から

自分の基本カラーを

決めてしまうのがオススメ。


ベースになるカラーの他に

アクセントカラーが2〜3色。

同じパーソナルカラーの中だと

割と合わせやすいと思います。

ちなみに私はオータムなので

その中から

アクセントカラーとして

マスタードとティールブルー

を選びました。

ティールブルーって聞きなれないですよね。

青緑のような

ターコイズのような

でもくすんでいる色です。

私も今まで何度か

洋服や鞄で実物を手にして

なんとなく似合うな…と

思っていた色なのですが

何色なのかよく分からず^_^;

今回、この記事を書くに当たって調べたら

ティールブルー

という名前だと分かりました。

遊びたい場合は小物で

それでもやっぱり

時々は別の色も楽しみたい。

そんな時は小物で遊びます。

引き出しにしまえる程度の小物なら

クローゼットを開けた時も

色がうるさくなりません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする