写真を使った年賀状の作成

年賀状は好きですか?

私は面倒くさいので嫌いでした 笑

ですがここ数年、写真入りの年賀状にしてから年賀状の作成が楽しみです。



年賀状はいつ頃作る?


早々と年賀状を用意したはいいけれど喪中ハガキが届いて無駄になってしまったことありませんか?

私は幸い喪中ハガキを出した事がなかったので知らなかったのですが、業者さんに喪中ハガキの印刷を頼むと11月発送か12月発送かを選べるそうです。

すると12月発送は12月になってすぐに発送されるそうなので、12月の第一週には届いていると考えられます。

12月になって最初の週末位から年賀状の作成に取り掛かっても良さそうですね。


写真入り年賀状


私はここ数年、写真の年賀状を作成しています。

写真の年賀状は賛否両論ありますね。

人の子供の写真を見ても面白くないとか。

私は家族に届いた写真が沢山入った年賀状を見るのが好きです。

家族の知人の家族写真(ややこしい^_^;)なので、私からするとまったくの他人なのですがそれでも楽しいです。

私が好きだからといって皆さんが好きとは限らないのですが、私が好きなものをお届けしたいという自己満足?で作っています。

そのおかげで昔は嫌々だった年賀状の作成がここ数年は楽しくて仕方ないです。


写真入り年賀状を作るポイント


私が気をつけているポイントは

子供だけでなく必ず自分達の写真も入れること

沢山の写真を使うこと

一言を書くスペースを取ること

フリクションを使うこと

目上の方やオフィシャルな相手には別形式の年賀状を送ること


です。


私は1年かけて写真を撮りため
(といってもスマホでパシャパシャ撮っているだけです)

その中から年賀状に使えそうな写真をピックアップ。

なるべく多くの写真が入れられるテンプレートに写真をはめ込みます。

気に入ったテンプレートがない場合はGoogle Picasaのシャッフルを使うこともあります。

ちょうどその年のアルバムを作るような感じです。

そして写真の余白にその写真の解説というかコメントを入れています。


更に一言を書けるスペースを取っておいて、一言添えています。

昔はなるべく通信面のスペースを埋めたかったので差出人の住所も通信面に入れていたのですが、そんなスペースはなくなってしまったので宛名面に移動しました 笑


そして、それらの文章はパイロットの消えるボールペン「フリクション」で書いています。

相手に届く前に消えてしまうのではないかと心配で使えなかったのですが、仲の良い相手とお互いにフリクションを使って年賀状を出し合った結果大丈夫でした^_^

年賀状を書くのって緊張しませんか?

フリクションで書くようになってから間違いをごまかすために変な文章になることもなくなりました 笑



そしてこの写真入り年賀状(別名:アルバム年賀状 笑)は、かなりプライベートなものなので
目上の方やオフィシャルな相手にはアルバム年賀状ではない昔ながらの年賀状にしています。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする