【七五三写真】ハウススタジオでの写真撮影のメリットデメリット


わが家の子供達の七五三写真は、すべてハウススタジオで撮っています。


その経験を踏まえて七五三の写真をハウススタジオで撮影するメリットデメリットをご紹介します。

デメリット

衣装が少ない

子供に特化したハウススタジオかどうかにも関わってくるのですが

「これかこれのどちらかをお選びください」

と、選択肢が2〜3しかないことが多いです。
(子供に特化してればもう少し多いです)


といっても、そこはおしゃれなハウススタジオなので可愛くておしゃれな衣装です。


ただ、おしゃれはおしゃれだけど自分好みと合うかというとそうでもなく(・・;)


衣装にこだわりのある方は事前に衣装を見せてもらいに行くか、持ち込むことをおすすめします。

衣装の貸し出しをしていない

大手の写真スタジオの中には、朝着付けして写真を撮って、その着物のままお参りに行けるところもありますが、大抵のハウススタジオでは衣装の貸し出し(衣装を着て外に行くこと)はやっていないと思います。

また、打ち合わせ⇒ヘアメイク⇒着付け⇒写真撮影⇒商品(パネルとかフォトスタンドとかアルバムとか)の打ち合わせ…となんだかんだ半日近くかかりますので、スタジオでの写真撮影もお参りもいっぺんに済ませたいとお考えの場合は向かないです。

場所がわかりにくい

元々は民家だったところを改装して写真館にしたところもあり、普通に住宅地の中だったりするので(わが家の場合3軒中2軒がそうでした)、場所がめっちゃ分かりにくいです。


曲がり角ごとの写真付きの道順をいただいたこともあるくらい分かりにくいです。


迷うことも想定して時間に余裕を持って向かうことをおすすめします。

着付けが新しいことがある

これはハウススタジオに限った話ではないかもしれませんが…。


3軒行ったうち2軒は契約している着付けの先生が着付けだけしに来られていました。
お二方ともベテランの先生で、着付けも昔ながらのオーソドックスなものだったと思います。


とはいえ、わたしは着付けのことは全然分からないので、出来上がった写真を見ても誰にも何も言われたなかったからそうなんだと思う…という程度なんですが。

そして1軒は20代の若い先生で、その方の着付けは(オーソドックスな着付けをする人からすると)今まで見たことがない斬新な着付けなんだそうです。

わたしには違いはまったく分かりませんでしたけど(・・;)

着付けにこだわりがある方は、あらかじめ希望を伝える等されることをおすすめします。

スポンサーリンク

メリット

子供がリラックスして写真撮影できる

写真スタジオというより、おしゃれな一軒家という感じなので、友達の家に遊びに来ているような感覚になります。

明るいことが多いし小物もたくさんあるし、スタジオによってはテラスもあって外に出られるので、何もないところでポーズを取らされるより、リラックスして撮影できていると思いました。

家族写真用に親が正装しなくていい

これ、密かにポイントでした。
七五三の写真撮影用の親の洋服って案外困りません?


わたしはお参りの時は着物にしようと思っていたのですが、家族写真のためにわざわざ着るのってメンドクサイ(ー ー;)


かといってフォーマルな家族写真に合う洋服なんて持ってない(・・;)


そもそもわたしの中で家族写真はおまけでワンカットあればいいかな?くらいの位置付けなので、そのためにわざわざ衣装を用意したくなかったんです。

堅っ苦しいのが嫌い

というものありましたしね。

ハウススタジオの家族写真の場合、子供がフォーマルの衣装の時に親もフォーマルで撮ることも可能ですが、子供がカジュアルの衣装の時にとればめっちゃ普段着でOKなわけです。


というわけで、わが家は普段着で撮りました( ´ ▽ ` )

自然な写真に仕上がる

ポーズもほっぺたを膨らませたり、寝っ転がったり、シャボン玉追いかけたり。


家族写真のポーズも全員床に直に座ったり、階段に座ったり、(妊婦だった時は)子供がお腹に耳を当てていたりして、ホントにリラックスした自然な感じの仕上がりでした。


肖像画のような家族写真(伝わるかな?パパだかママだかが椅子に座ってその周りに子供達が立ってるような写真。勿論全員正装)も悪くはないんですが、好み的な問題と、子供達の笑顔が自然だったのとで、ラフに撮って良かったなと思っています。

それでは今日はこの辺で。

素敵な1日をお過ごしください☆


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする