子供の寝かしつけに効果的な方法 0歳児編


前回
子供の寝かしつけに効果的な方法
を書きましたが
今度は寝かしつけ0歳児ちゃん編



やっとの思いで抱っこで
寝かしつけた赤ちゃんが
布団に降ろした
(または降ろそうとした)
途端に泣き出す
あるあるですよね。


なんなんですかね?あれ。
背中にセンサーでもついてるんでしょうか?


縦抱きの方が楽だけど
縦抱きの状態から布団に降ろすって
寝かしつけの難易度が上がる気がします。
(起きる確率が上がる)


ちょっとお行儀が悪いんですけど
成功率の高かった
そしてママが寝落ちしない(これ大事!)
パパにも使える寝かしつけの方法です。


まず、赤ちゃんを寝かせる布団のうえに
布団の長辺に正面が向くように座って
あぐらを書きます。
(あぐらをかいた両膝が布団の頭と足の方を向くように)


あぐらの上に赤ちゃん乗せて抱っこします。
(赤ちゃんの頭は布団に寝かせた時に頭側を向くように)
授乳の姿勢に近いです。


船を漕ぐように体を揺らしながら
子供を寝かしつけます。



完全に寝たら
赤ちゃんの足側のあぐらをそーっと外し
赤ちゃんの足を滑らすように
布団に寝かせます。


次に赤ちゃんの頭を支えながら
頭側のあぐらをそーっと外し
滑らすように頭を布団につけます。




この方法だと
布団も暖まっていて
多分ですが温度差が余りないのだと思います。
そのまま寝てくれることが多かったです。


また、もしママが寝ちゃっても
あぐらをかいた状態では
長時間は寝れないので
ハッと気付いたら赤ちゃんも
寝てていい感じです 笑


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする