ズボラ道的節約生活 一週間の予算を決める方程式



家計簿の基本らしいのですが

予算を決めよう

の予算が決められない人
案外多いんじゃないでしょうか?
はい!はい!はい!ここにいます!!
だって生活できてるし。



一念発起して予算を立てる時って
大概ヤル気MAXの時。

そうすると結構厳しめの予算設定になったり。


みきママが1週間の食費の予算6000円って言ってたからウチも6000円だ!とばかりに張り切ってみたものの、あっという間に予算オーバー。


予算オーバーする = 際限なく使える


という方程式が成り立つ私は
計画が1ヶ月も持ったためしがなかったですね。


そして都合のいい家計簿をつける。


口座から引かれている分とか
年払いのものとか
一見目に見えないものは
見なかったことにして

日々のやりくりだけ家計簿をつける。


全体を見て、生活費の予算を決めて
その分を家計簿で管理
というなら話は別なんですけどね。


そうではなく、
はなっから都合の良い部分だけを
都合の良いようにつけるというパターン。


家計簿をつける目的がわかってないんです。
はい!今も分かってません。
なのでやめました(キッパリ)



* * *


まずは緩めの予算から始めましょう


と言われたって


その予算が立てられないんじゃー!!


というそこのあなた


ズボラ道的予算の立て方の式を編み出しました。


それは、



予算を決めずに必要なだけ買った一週間分の食材費 × 2 = 1週間分の生活費

です。


食材費が1万円なら生活費は2万円。
1万5千円なら3万円
2万円なら4万円
100万円なら200万円です!


分かりやすくないですか?


生活費には
食費、雑貨、レジャー
などが含まれます。



この式のベースとなる一週間分の食材費(食費じゃないですよ、食材費です)は
予算を決めて買い物に行った時の金額ではダメです。

予算を決めずスーパーのカゴにポイポイ放り込んで買った時の金額。

その倍なので、まぁまぁ余裕があります。


ですが、この予算でもあっさりオーバーすることがあると思います^_^;

そしたら次の週で調整です。


2週間あればなんとかなります。

そして2週間でなんとかすること!
それ以上伸ばすと計画が崩れます。



結構緩い予算だと思いますが
まずは成功体験を積んで
予算は守れるんだ!
ということが分かるところから始めましょう^_^

>> 長短期の予算達成で節約の成功体験を作る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする