「子供とピクニック」持ち物のパーフェクトリスト‼︎

ピクニックが好きで子供が生まれる前からちょくちょく行ってます^_^

そんなわが家のピクニック持ち物をご紹介しますっ。

スポンサーリンク

家族で車でGO!編

現地まで車で行けたとしても駐車場から距離があったりするし、子供はまだ人手としては完全にはカウントできないので、持ち物はなるべくコンパクトにしています。
大人女子のおしゃれピクニックなんて夢のまた夢〜。木に飾り付けしてる間に子供どっか行っちゃいます^_^;

  • レジャーシート
  • お弁当
  • 水筒
  • おやつ
  • 保冷バッグ・保冷剤
  • ゴミ袋
  • お手拭き(おしりふき)
  • サンシェード
  • 遊び道具

レジャーシート

クッション材が入っていて起毛のタイプが厚みもあって座り心地がいいです。

地面が多少ごつごつしてても痛くない。

寝転んだ時も昔ながらのレジャーシートより断然気持ちいい!


夏は暑いのかな?と心配したのですが
真夏にフリース着るとか考えられないじゃない?
そんなことはありませんでした。

体を包むわけじゃないから大丈夫なのかな?
夏はもともと地面も熱いし。

一年中OKです。

例えばこんな感じ
詳しい情報を楽天でチェック↑↑

お弁当

DEAN&DELUCAの3段重ねのお弁当箱にママの愛情たっぷりの華やかなお弁当を早起きして作ります!

…なんてことをするはずもなく^_^;


大体、まったり起きてから

「今日どうする?」
「んー天気もいいし、公園にでも行く?」

ってなノリのことが多いので、事前に用意出来ないんですよね。


子供は食事もそこそこに遊びたいので、食べやすさと作りやすさを第一に考えています。

どっかに行っちゃう子供を追いかけなきゃいけないので大人も落ち着いて食べてる暇はありません。

わが家はみんな好みがバラバラでお弁当は悩みどころ。
ぶっちゃけスゲーめんどくさい ^_^;

おしゃれっぽいお弁当を検索してもどれも誰かしらが食べられないので、簡単でおしゃれっぽいお弁当を研究中です(This isスボラ道)。

水筒

大きいサイズで持っていくか、500ml位のを数本持っていくか悩みどころ。

ただ、暑い日は1人500mlじゃ足りないです。

それと広い公園の場合、荷物を置いて結構遠くまで遊びに行くこともあるので持ち歩けるサイズの水筒が1本あると便利です。


また、真夏以外の公園は案外冷えたりするので暖かい飲み物もマストです。

おやつ

我が家の場合ですが、甘いものよりしょっぱいものの方が人気がある気がします。

遊んで汗かいてるから塩分が欲しくなるのかな?

サンシェード

5月位から日差しが強くなるので、あると重宝する…というより、ないと厳しい場合もあります。

海だけでなく大きい公園でも結構みなさん設置しているので、初めて行く公園でも持って行くようにしています。
誰も設置していない場所で、自分だけ設置する勇気はない^_^;

>> サンシェードに関する以前の記事

お手拭き(おしりふき)

なんにでも使えるおしりふきは重宝します。

家族で使うにはサイズもちょうどいいんですよね。

おしりふきに「ビタット」で蓋をして持って行っています。

風呂敷位の大きさの布が一枚あると便利です。

荷物の目隠しに使ったりテーブルクロス的に使ったり。
いざという時の防寒に使ったり。

公園は意外に気温が読めなくて子供が寒がることもあるので、そんなときにも重宝します。

遊び道具

遊具のある公園も多いですが、ちょこっと道具があると遊びのアクセントになって便利。

ドッチビー

詳しい情報を楽天でチェック↑↑

とか

マジックキャッチボール

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オンダ おもちゃ マジック キャッチボール
価格:1136円(税込、送料別) (2017/3/30時点)

とかだと

まだボールをキャッチして投げて〜

と出来ない小さい子供でも割と楽しめます。


ドッチビーは直径が短いとビュンッと

速く飛ぶそうなので

小さい子には直径が大きい方がいいです。

ママと赤ちゃん ベビーカーでおでかけ編

ベビーカーでママと赤ちゃんだけのピクニックの場合そんなに荷物は持てないんですよね。

おまけに私はZappを使っていたので荷物の入らないこと(´・ω・`)ショボーン

なので、持ち物は必要最低限で済むようにしていました。

  • レジャーシート(100均で買える75cm×120cmを2枚)
  • 保冷バッグ・保冷剤
  • お弁当
  • 水筒
  • お菓子
  • ゴミ袋
  • おしりふき

以上!

赤ちゃんのいるママは普段から色々持ち歩いてますから大体それでまかなえます。

なので、普段の用意にレジャーシートとお弁当くらいで済んでました。


私が工夫したポイントはレジャーシートを2枚に分けているところ(2人だけの場合1枚で十分。ママ1人で赤ちゃんを見ながらレジャーシートを広げたり畳んだりって結構大変なので)と

保冷バッグも結構かさばるので、なるべく小さいものにしたところ。


おしりふきの他におしぼりや手口ナップを持っていくのはかさばるので、全部おしりふきで済ませてました。

おしりふきは便利なので、オムツの子供はいない今でも使っています^_^

それでは今日はこのへんで☆

こんな記事も読まれています



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする