留め具不要!クリアファイルでトイレットペーパーカバーの作り方

クリアファイルでトイレットペーパーカバーを作ったので、その作り方のご紹介します☆

スポンサーリンク

トイレ内に収納棚があれば良かったんですが、そうはいかない住宅事情。

トイレットペーパーは12ロールを買ってきてクローゼットに収納していますが、トイレ内に1つは予備として置いておきたい。


そのままポンって置いとくのも味ないからカバーでもしようかと思いつくも、包装紙だと繰り返し使えないし(使い捨てっのはなんだか勿体無い)、布でカバーリングというとファンシーorカントリーなイメージしかできずそういうインテリアでもない。


さらに拭いたり洗えたり出来る素材がいい。


布でもシャープなイメージの柄のものがあると最近知って、それでも良かったかな?と一瞬思ったけど、わたしはアイロンかけたくないからやっぱり難しいな。

という諸々のワガママを加味した結果、クリアファイルでカバー作ることにしました。


ロゴとか柄ってタイプじゃないので無地のものを。

image

作り方

A4のクリアファイルの底の部分(短い辺の方)を切り落として開きます。


そしてトイレットペーパーの高さに合わせて切り取り、片方の端にくの字型に切り込みを入れ、反対の端にくの字と同じ幅の1本線の切り込みを入れて完成です。


くの字を入れる向きを間違えないようにだけ注意です。


それからトイレットペーパーにカバーをすると、クリアファイルの折り目はどうしても残ってしまうので置く向きにも注意です。


写真のトイレットペーパーだと、折り目と留めている部分が180度向かい側の位置に来ます。

ご参考までにこちらはリヒトラブの茶の内側を表に出しています。


スポーサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする