いちごのヘタ取りの活用法


いちののヘタ取り器です。

image
ヘタ取り器自体がいちごの形になっていて、ヘタ取り器のヘタの部分(ややこしい^_^;)をグッと押すと下の歯の部分がぱかっと開く仕組みです。

スポンサーリンク

余計な物を増やしたくなかったので、ストローで取る方法や、フォークで取る方法を試したのですが、わたしにはイマイチ合わず、ならば黒×シルバーでデザインの良いOXOのヘタ取り器をと思ったのですが、OXOのヘタ取り器はストローと同じ原理なんですよね。

ストローでうまく取れなかったわたしには使いこなせませんでした>_<

デザインは好みではないんですが、このヘタ取り器が一番使いやすいです。


ですが、難点がひとつ。


image

切り口が美しくない(ー ー;)


ヘタ取りのスピードとしては断然早いのですが、生で食べるのにこの状態で出すのはちょっと気が引けます。


なので、結局


image

包丁で四角錐に切り込みを入れてヘタを取っています。

ジャムを作るときのように、大量&かたちが残らないとき向きだな。ジャムつくらないけど。

スポンサーリンク

使い道がなくなり断捨離候補だったのですが、いちごのヘタを取れるなら他の野菜のヘタも取れるんじゃない?とトマトに使ってみたら

image

image

image


いい感じ〜。


やっぱり切り口は美しくないですけど、煮込み料理はもちろん、1cm角に刻んだらもう気にならなくなりました。


トマトのヘタ取りめんどうくさいな…と思われてましたらぜひお試しください^_^


スポーサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする