家計簿の締め日は給料日前日に!そしてズボラーこそ一円単位で家計簿をつけるべき‼︎


マネーフォワードの壁にぶちあたっています。

マネーフォワードを使い始めて1ヶ月半経ちました。

家計簿をじーっと見ていたらあることに気づきました。
(わたしが家計簿を見ている‼︎ 今まで家計簿はつけるだけのものだったわたしが家計簿を見ているなんて、なんということでしょう‼︎)

わたしの給料日は25日。

家計簿は月末締めで1日始まりにすると、25日まで収入がないので24日までずっとマイナスでつけられているんですよね。

マイナス、マイナス、マイナス…で25日にやっとプラスになって5日間くらいプラスで、月が変わるとまたマイナス生活になる。

これだと感覚として収支のイメージがイマイチわからない。

しかも引き落としが月末に集中しているので、さんざん使った後に引き落としの嵐だと「計画性」のカケラもない私には、難しい家計簿になってしまう。

25日に給料が入るなら25日スタートにして、直後にドカドカ引き落とされて、その残りで生活するスタイルにすれば「やりくり」という感覚がイメージしやすくて家計管理ができるんじゃないかと気づいたわけです。はい、今さらです。

管理できない人のあるあるかもしれませんが、現実と別次元で管理しようとするんですね。

中途半端が気持ち悪いので、家計簿の開始日は迷うことなく月頭!

そんな感じで実際のお財布と少しずつずれている部分がいくつか積み重なると、もう別次元の家計簿になって、当然理解できなくなって、机上の空論、絵に描いた餅な家計簿になるわけです。


前の月の給料で次の月1ヶ月生活して~

と考えるんですが、さらに実際のお財布とずれるわけですから、家計簿が破綻するのは時間の問題です 汗

注:そこで実際のお財布と合わせることは決してしない

ということで、25日スタートにしてみました。

ただ、これだとカードで買ったものも24日締めになります。

たとえば楽天カードの締め日は月末なのに26日に買ったものは次の月についてしまい、楽天カードの引き落とし額と違ってくるんですね。


金額がずれると理解ができない

ということに15年目にして気づきました 汗

自分はズボラーだから、1円単位で家計簿管理なんて絶対無理~

って思ってたんですが、


多少ずれても家計簿が運用できる人は、そもそも管理できる人ですね。

わかっていてズボラーさんはいいけれど

お金超~苦手です

経理とか意味わかんない

家計簿ってそもそもなにするの?

予算がたてられない

予算を超えた時点でいくらでも使っていいと思ってる

という超ド級のズボラーさんは、口座ときっちり合う家計簿(当然自動的につけてくれるもの)が合ってると思います。

そもそも、引き落としは翌月か翌々月だから残高と合わせるという意味ではカードを使った日に家計簿がつくと合わないんですよね。


これはグループ機能を使うことで、引き落とし日に家計簿につけることができるようなのですが

(公式ブログ ⇒ カード支払いを引き落とし時に計上する方法

この説明がすでに理解できない^_^;のと

おそらく、わたしが使いたいやり方とは違うんだろうなと思うので、もう少し研究します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする