ミニマリストになりきれない庶民派がめざす私服制服化計画‼︎


おはようございます。Nanaです。


最近…いや最近でもないんだけど
毎朝私服を選ぶのがめんどくさくて


なんとかならないかなー?

と思っている件について。

スポンサーリンク

今更ながら私服制服化計画?


ミニマリスト界隈では定番の私服制服化計画。

はい、今更感バリバリです。

でも、あれやっぱり魅力的なんですよね。

だって毎朝悩まなくていいでしょ?
消耗しなくていいでしょ?

エクセルでの洋服の断捨離&おしゃれ計画 はだいぶ落ち着いていて、今は眠っている服もないし


「今日は誰にも会いませんように」


と祈っちゃう服の日もない。


考えようによっては、すでに私服の制服化をしてるわけなんだけど。

じゃぁ何を悩んでいるかというと、周りのチェックが厳しいんですよ。

普通に「あの人は着たきり雀だ」とか言われちゃう。
※着たきり雀…同じ服をずっと着続けている人のこと


そう。言われちゃうんです!

なので、なるべく昨日とは違く見える服を毎日選んでいるわけです。

「人の言うことなんか気にしなきゃいい」

はい、ごもっとも。
でも
それができたらこんなに苦労はしてません 涙

というわけで

好きな形で微妙に違う服の数を増やす

という計画を立てようと思います。

スポンサーリンク

おしゃれに見られるコツは?


というのも、おしゃれで通っているおじさまに言われたことがあるんです。


おしゃれに見られるコツは (リーマンの場合)

同じ色のスーツを買うこと。

グレーならグレーで揃える。


例えば、黒、グレー、ネイビーと3着のスーツを着回していると「あの人は3着しかスーツを持っていない」となるけれど、グレーのスーツを3着持っていると一見おなじように見えるけど、よく見ると違う。


人は細かい違いまでは覚えてられないから「実はたくさん持っているんじゃないか」と錯覚されるし、こだわりがあるように見られて、良いように勘違いされる。

なるほど。

バブル世代が幅を利かせている職場で生きる、ミニマリストになりきれない庶民派にはもってこいの理論だ。

スポンサーリンク

最後に

結論として
わたしの好きな形の微妙に違う種類の服を増やす。

もちろん、どれを組み合わせてもOKなようなものを選ぶ。


そうすれば、わたしが目的としてる

クローゼットを開けて適当に取り出してもサマになっている。かつ、毎日同じ服を着ていると思われない。

が可能かなと思っています。

それでは今日はこのへんで。

素敵な一日をお過ごしください☆

こんな記事も読まれています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする