眉とアイラインアートメイク体験記3


眉とアイライン上下のアートメイク体験記です。

アートメイクをしてみたい!
という方のお役に立てると嬉しいです。

スポンサーリンク

■いよいよ施術

施術用のベッドに横になって麻酔のクリームのようなものを塗って暫く放置されました。


もしかしたら目を開けていても大丈夫だったのかもしれませんが、私はずっと目を瞑っていたので様子や時間はわかりませんが20分位でしょうか。


その間ガチャガチャと音がしていたので施術者は準備をしていたと思います。

「始めますね」という声がしてウィーーーンという音が始まりました。


目は瞑ったままで器具も見ていないのですが、音から想像すると小さな歯車のようなものが高速回転している感じです。

私は虫歯になったことがなくて歯の治療をしたことがないのですが音の感じは似ていました。


あと建築現場から聞こえる音。

木材を切ってる音かな?あのウィーーーンって音。

勿論建築現場の音のように爆音ではありませんでしたが。


今回は眉とアイライン上下をお願いしました。

感想はですね……。

スゲーーーーーーーー痛い(涙)

です。


ほんっっっとに痛いっ。
施術が半分も進まないうちに心が折れました。


「眉とアイラインのメイクなんて5分もかからず出来るじゃない。毎日の一手間を面倒臭がって、なんでこんな痛い思いしてるんだろう?こんな思いするくらいだったら毎日メイクしたほうが100倍マシだったよーーー。」


と心底思いました^_^;


痛みの感じ方は人それぞれ…なんて、よくネットに書いてあるじゃないですか。


なので、私が大袈裟なのかな?と思ったのですが


施術者が

「死にそうなくらい痛いですよね?」


とダメ押しの一言。


どうやら私が大袈裟なわけではなさそうです。

けれど


痛いからといってギュッと目を瞑ってしまうと施術しにくいそうです。


そりゃそうですよね。
アイラインを入れる部分が隠れてしまいますから。


でも、頭で分かっていても軽く目を閉じるなんて無理っ!


全力でギュッと瞑っていました。


それでも綺麗に仕上げてくれました。

先生ごめんなさい。そしてありがとう。

スポンサーリンク

■施術後の会話

施術後の私は緊張と痛みの解放からの放心状態。


鏡で仕上がりを見たけれど腫れてるし血は滲んでるしでよく分からなかったです。何より放心状態だったので冷静な判断も出来ずあまりよく覚えてない^_^;


注意事項としては

  • 当日の飲酒は禁止
  • 1週間程テラマイシンという薬を塗ること
  • 入浴はいいけど擦らないように
  • 肌がダメージを受けているのでマツエクやまつ毛パーマは2週間程度は空けた方が良い
  • 保証期間は1ヶ月間。一応安心材料としてつけているけれど一回で完璧に仕上げているので利用する人は殆どいないとのことでした。
  • メイクは…どうだったかな?してもいいと言われたような気もしますが覚えてません^_^;


その他はダラダラと雑談をしていて内心「いつ帰れるのかなー?」 と思っていたのですが(笑)30分程した頃に「もうそろそろいいかな」と解放されました。


どうやら術後の急変がないかとか状態が落ち着くまで様子を見てくれていたようです。


その説明はなかった(と思う)ので単に雑談に付き合わされていると思っていた私。


失礼なことを思ってすみませんでしたm(__)m


眉とアイラインアートメイク体験記4に続きます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする