iPhoneの画面割れ。原因と対策

昨日に引き続きiPhoneネタです。

今日は画面が割れた原因と対策を考えます。

スポンサーリンク

原因は外で落としたから

時間を見ようとして
スマホを取り出したのがいけなかった。

つるっと手が滑って
道路(アスファルト)に落下。


保護フィルムもスマホカバーもしてたんですけどね。


わたしのスマホカバーはボタン部分とコネクター部分が丸々空いているタイプ。

そして保護フィルムは全面じゃないタイプ。

多分ですが、よくある組み合わせだと思うんです。

全面保護フィルムだとスマホカバーがハマらないパターンもありますしね。


そしたら、ちょうどココ。
image

このむき出しになっている部分が道路に直撃した!

OH!Noooooooo!!!

ここ段差になっていてパっと見
微妙なんですよ。


画面なの?

本体なの?

って。

しっかり画面でした。

一瞬にして画面全体に蜘蛛の巣が入りました。

バンパーみたいにコネクター部分も含めてぐるっと囲われていたら違かったかな?と思います。

それと、以前Android使ってた時はソフトカバーをしていたんですが、その時は何度か道路に落としましたが(落とした上に蹴っ飛ばしたこともあり^_^;)一度も割れなかったんですよね。

iPhoneとAndroidの違いもあるかもしれませんが、ソフトカバーをしていたため枠全体が覆われていた且つ枠が盛り上がっていたために段差がついて画面が保護されていたのかな?と思っています。

バックアップ

わたしは画面が割れただけで動いていたので、割れてからバックアップを取ることができました。

でも、アップルの正規サービスプロバイダに行ったら

「動くんですね〜」

と言われたので動かなくなってしまう場合もあるみたいです。

実際に正規サービスプロバイダに来ていた他のお客さんの中には「電源が入らない」と言っていた人も何人かいましたのでバックアップは必要だなと思いました。

バックアップの方法は他のサイトでたくさん詳しく紹介されているのでここでは省略しますが、わたしは「iTunes」でバックアップを取りました。

バックアップなんてとったことないし、iTunesのインストールからだったので


めんどくさいなー

とりあえず使えるしこのまま使っちゃおうかな?

と思っていたのですが

本体交換をして復元したら


ほぼ今まで使っていたのと同じ状態で使えました!

しかもバックアップ&復元の操作は難しくない!

LINEはAndroidからiPhoneにするときにメアドを登録していたのでアカウントを引き継ぐことができたのですが、トークの履歴までバッチリ復元できました♪

これは素晴らしい!

画面が割れないためにはどうする?

ググると

手帳型のスマホカバーをする

というのと

バンパーのように枠を全部囲う

のがいいと言われています。


実際、バンパーを使っている旦那は何度も道路に落としているらしいですが一度も割れていません。

手帳型だと開いているときに落としたら、ひとたまりもないよなあ…と思っています。

完全に箱の中に入れてしまう
カバーというかケースもあります。

お弁当箱みたい^_^

レビュー少ないし評価に差があるし悩むなあ。


それでは今日はこのへんで☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする