水換え不要のアクアシステム!初心者でも簡単、手間なしな金魚の飼い方

昨日、バケツだけで飼う金魚の飼い方をご紹介しましたが、実は数年前からアクアリウムを使っていましてバケツでの金魚の飼育はやっていません。


理由は

毎週バケツを洗うのがめんどくさいから

どんだけだよ!って感じですが
だってめんどくさいんだもん!!

スポンサーリンク

お金をかけるか手間をかけるか〜アクアリウム〜

半年間水換え不要!

のコピーに乗せられて

アクアリウムセットを購入しました。


アクアリウムはポンプがあるのでコンセントが必要です。

ポンプと土がポイントで
土にいるバクテリアが汚れを分解してくれるため水換えを不要という仕組みです。


そしてバクテリアを活性させるために土の下からも酸素を送り込んでいるようで専用の酸素ポンプが必要です。

こちらは8ヶ月水換えしていない水槽。
簡単金魚の飼い方水換え不要アクアシステム

簡単金魚の飼い方水換え不要アクアシステム
水は綺麗です。

別角度から。

簡単金魚の飼い方水換え不要アクアシステム

あ、水槽が汚れてますね(・・;)

この角度から見たことなかったから汚れてるの気づかなかった。

あとでメラミンスポンジでこすっておこう(^^;;

わたしがアクアシステムを購入したペットショップでは、その時点で2年間水換えしていないと言っていました。

バクテリアが弱ってくると金魚のフンが分解されなくなってくるので、そうなったら土の取替えどきです。

「養分たっぷりの土なので、ぜひ花壇や鉢植えに使ってください!」

と言われましたが、鉢植えなどするわけもなく^_^;


そして以前、腐葉土を庭の隅に捨てたら雑草が増殖して大変なことになったので(そらそうだ^_^;)、以来腐葉土はゴミとして処分しています。

スポンサーリンク

餌のこと

アクアシステムの場合、特に冬の間は餌はこのような粒タイプをおすすめします。

簡単金魚の飼い方水換え不要

この写真は100均で買った餌です。


ヒーターなどで温度調整していれば話は別かもしれませんが、冬の間は金魚もバクテリアも動きが鈍って餌もあまり食べません。


そうすると餌の食べ残しが出ます。

フレークタイプの餌の場合、あっという間に綿のような藻のようなものに変化します。

色は変わらないので、餌がふやけたのかな?と思っていたのですが、藻になっていました^_^;

これをマメに掃除できればズボラーではありません!


ちなみに色々やった結果、割り箸ではさんで取るのが一番簡単で効率が良かったです。

なので、その手間を省くために冬の間は特にフレークタイプを避けています。

水換えの時の注意点


水槽って想像以上に重い。

水換えの時は本当に注意してください。

可能な限り水を抜くこと。

わたしは、水が4分の1程残っている状態で

「もういっか!」

と持ち上げ

ぎっくり腰になって3日間寝込みました

金魚の水換えでぎっくり腰で動けないとかシャレにならない(・・;)

そこさえ気をつければ笑
ズボラーには最適なセットです。

水換えはアクアシステムじゃなくてもありますしね。


むしろ頻度が下がる分、ぎっくり腰のリスクも減るという笑

おわりに


金魚すくいで取ってきた金魚も大分大きくなりました。

ここまでくると愛着が湧くんですよね。

今年の夏祭りの金魚と一緒に飼うのはやめようかな。

そしたらまたバケツかあ。

一度簡単な飼い方を覚えるとなかなか戻れない(^^;;

アクアシステム基本セット【東日本用】

アクアシステム基本セット【西日本用】

それでは今日はこの辺で☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする