加圧時間0分の圧力鍋!アサヒ軽金属工業のゼロ活力なべの使い方

忙しい主婦の味方の圧力鍋ですが

加圧時間( 圧力がかかってから火にかけ続ける時間 )が結構あるんですよね。

3分とか長いと10分とか。

わたしはせっかちなのでそんなに待っていられません(^^;

アサヒ軽金属の圧力鍋
はカレー程度なら加圧時間0分でOKのスグレモノの圧力鍋です(*’▽’)

結婚したときに買った3Lのゼロ活力なべですが4人家族になった今も活躍してくれている圧力鍋です☆

スポンサーリンク

圧力鍋は怖い?


圧力鍋のイメージってどんな感じでしょうか。

使い方が難しそうとか

爆発しそうとか

重そうとか

使い方が難しそうとか

パーツが多くて面倒くさそうとか

パーツが多くて洗うの大変そうとか

使い方が難しそうとか

パーツが多くて組み立てるの大変そうとか

パーツが多くて分解するの大変そうとか

使い方が難しそうとか、笑

そんな感じでしょうか?

母が圧力鍋を使っていたこともあって圧力鍋自体に(怖いという意味での)抵抗はなかったのですが、実家の圧力鍋はデカかったんですよね。

多分6Lのものを使ってます。

デカいと扱いがめんどくさくないですか?


出すのも洗うのも仕舞うのもめんどくさくて使わなくなりそうだな・・・と思っていたんです。


それに2人暮らしに6Lはいらないなー

と思っていたら

アサヒ軽金属の圧力鍋
で3Lがあることが分かりました。

コンパクトで扱いやすそう!

加圧時間は0分


豚の角煮などお肉のかたまりになると加圧時間は20分必要ですが、カレーや筑前煮程度でしたら0分で大丈夫。


圧力鍋に蓋をして火にかけます。

圧力がかかると、おもりが振れ始めます。

完全に振れたら火を止めてOKです。

鋳物の重いお鍋もじっくりコトコトと調理できますが0分で火を止めてすぐに放置できる!出かけてもOK!な圧力鍋は忙しいライフスタイルにぴったりです(*^^)v

3Lで足りるか?


子どもがしっかり1人前食べるようになると

筑前煮などおかずの一品として出す料理は足りますが

4人家族でカレーのおかわり分までは作れません。


おでんも足りないですね。

おでんは土鍋で作ったりしていて今のところ究極に困っているわけではないのですぐの買い替えは検討していませんが食べ盛りになると厳しいかな・・・という気はしています。

それでは今日はこのへんで。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする