国際交流イングリッシュキャンプ感想


宮城復興支援のひとつとして国際交流イングリッシュキャンプというのがあります。


子供達の心のケアということで宮城の子供達を数名無料で招待し、その分を他の地域の子供の参加費に上乗せすることで運営しているようなので、参加費が若干割高になっているようです。


といっても同等の内容のキャンプに参加したことがないので高いのか安いのかわからないんですけどね。


昨年娘がこの国際交流イングリッシュキャンプに参加してとても楽しかったようで、引き続き今年も参加しました。

スポンサーリンク

国際交流イングリッシュキャンプの内容


国際交流イングリッシュキャンプ感想口コミ評判イメージ


子供だけで参加するものなので( 親は集合解散場所までの送迎のみ )実際に見たわけではないのですが、内容的には英語を使ったレクリエーションといった感じです。


キャンプといってもテントを設営したり…ということはなく研修施設のようなところに宿泊します。


食事は基本的には食堂ですが1日目の夜はBBQです。


それからキャンプファイヤーと肝試しも^_^


娘はとても楽しみにしていたのですが、昨年は雨でBBQもキャンプファイヤーも肝試しも中止でした(´・ω・`)ショボーン


今年は晴れたので念願のBBQ、キャンプファイヤー、肝試しができたのですが…


肝試しは、日本のガチのやつ( 1人ずつお寺の境内に札を置いてくるみたいな^_^; )ではなく、外国人留学生が仮装してちょっと脅かす程度のもののようで娘は「 全っ然怖くなくてつまらなかった 」と怒っていました(・・;)

でも、親もいないし怖がりすぎて寝れなくなったり怪我したりしてもね。

レクリエーションなんだから丁度いいんじゃないかしら?と親としては思います。


国際交流イングリッシュキャンプ感想口コミ評判イメージ

前準備


前準備として自己紹介とイングリッシュキャンプに臨む意気込みを書くのと、名刺のようなカードを15枚ほど作らなくてはいけません。

送られてくる名刺サイズの画用紙に名前とイラストを描きます。


わが家はカード作りも親はノータッチなので、子供は15枚(自分の名札にする分を入れて16枚だったかも)のカードを手書きするのはちょっと大変そうです。


なるべく早めに少しずつ書かせるのがいいかなと思います。


早めに取り掛からせるといっても、それらの用紙等が入ったしおりが届くのは1週間くらい前です。

結構ギリギリに届くので初参加の時は本当にしおりが届くのか?さらにはちゃんと予約が取れているのか?とまで心配になりました。


ネットで予約した場合「 (お金を振り込むまでは)まだ予約は完了していません 」というようなメッセージが出るので不安になるのですが、この時点ですでに席は確保されています。


お金を振り込まないとキャンセルになるという扱いのようです。

英語が上達する?


英語の勉強という意味では期待できません。

逆に英会話ができなくても全然問題ありません。

娘はまったく英会話ができませんが( 母もできない(・・;) )毎回楽しんでいます^_^

国際交流イングリッシュキャンプというくらいで、外国人やその場で出会う友達との交流という印象です。


結構な数の国の出身者がボランティアをしてくれているので、世界には色々な人がいるということと、はじめての場所でも物怖じしないような経験になればいいなと思っています。


なにより娘本人が行きたがっているので、その希望に沿っているという感じなんですけどね。


娘がおやつに持って行ったお菓子。

国際交流イングリッシュキャンプ感想口コミ評判

…つまみか?


娘が聞いてきた話しでは国際交流イングリッシュキャンプは秋まで毎週開催されているようです。


帰ってきて早々に
「 秋まで毎週やってるんだって!また行きた〜い 」と感想を述べる娘。

今回も存分に楽しんだようです^_^


それでは今日はこのへんで。

素敵な一日をお過ごしください☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする