断捨離アンも必須!ズボラーこそパーソナルカラーを取り入れるべき理由

去年までお気に入りで履いていたライムグリーンのレギパンを処分しました。

スポンサーリンク

一張羅のつもりだったのに


カラーの洋服をほとんど着ないわたしにはとても思い切った買い物でした。


似合ってる気がしてたんですが1年経って履いてみたところ


なんか違う(ー ー;)

思えばライムグリーンはわたしのパーソナルカラーじゃない。


またレギパン自体も合わないんだと思う。もっと張りのある生地が合っていて、コットンだったらデニムくらいしっかりした生地が似合う。

わたしがレギパンを履くとオバタリアン時代の大阪のおばちゃんになっちゃうんですよ。
スパッツ( レギンスではない )に虎のプリントのTシャツに金髪に近い茶髪でパンチパーマみたいな(・_・;

洋服はなんか違うと思ったら処分することにしているので、思い切って処分しました。


ふと思って去年つけていたExcelを見返したら、このライムグリーンのレギパンを履いた日に◎がついてない。

全然ダメだったんじゃん(ー”ー;)


そういえば、去年娘と2人で出かけようとして、このレギパン+ジャケットに着替えたら、娘に

「 ママ、今日はどんなオシャレするの? 」

と言われたんだっけ(^^;;
おしゃれ…した、つもりだったんだけど…

やっぱり全然ダメじゃん(・_・;

スボラーこそパーソナルカラーを知ろう


子育て真っ最中の庶民なので自分のおしゃれにかけられる予算も時間もスペースも殆どないんですよ。

しかも大して洋服好きじゃないし、おしゃれじゃない。( けどおしゃれには見られたいという、ワガママなヤツ )

さらに、めんどくさいが服着て歩いているような人間なので、最小限の手間と努力でまあまあの成果が欲しいわけです。

そこで役に立つのがパーソナルカラー、パーソナルスタイル、パーソナルデザイン。

ざっくりいうと、自分に似合う色、素材、形。

これらは、おしゃれさんの専売特許というイメージがありますが、ズボラーさんこそ取り入れるべきと思います。


なぜなら選択の幅が格段に減る上に、似合う確率が格段に増える!


何がめんどくさいって無限の中から探して選ぶことほどめんどくさいものはないですからね。


おしゃれさんはそれが楽しいんだろうけど、おしゃれじゃないから楽しくない(^^;;


パーソナルカラー、パーソナルスタイル、パーソナルデザインを知るだけで選択肢が無限から大分狭まります。

スポンサーリンク

パーソナルカラーを知るとおしゃれになれる


「 服を買うなら、捨てなさい 」で地曳いく子さんが言われています。

「ダサい」の印象は「おしゃれ」の印象の100倍強い

なので自分に合うスタイルを確率して似合う服だけ着よう。

ということです。


そこで、自分に似合うスタイルって?となるわけですが(決めつけw)、パーソナルカラー、パーソナルスタイル、パーソナルデザインを知っていると、断然探しやすいです。

上質なものでなくても


この手の話しになると必ずと言っていいほど「上質なものを数少なく」という話しになります。

そりゃ、上質なものに越したことはないですよ。特にわたしはパーソナルデザインがグレイスですし。


でもだからと言って自分の洋服においそれとお金を掛けられない現実があるわけです。

それでも、ちょっと意識するだけでちったあマシになります(^^;;


それでは今日はこのへんで。

素敵な一日をお過ごしください☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする