毛玉取り器は効果がある?



中学生の時、教育実習に来た先生が
私物の100均の毛玉取り器を持って来て
絶賛していました。


確か経済の話だった気がします。

「100円でこの品質のものができる時代になった」
という内容だったような。


今のように100均が充実していなくて
やっと少しまともな物を売り始めた頃でした。


話の内容的に購入したばかりのようだったので
今思うと授業のネタの為に買ったのかな?
という気もしなくもないですが。



大人になって洋服を自分で管理するようになり
毛玉に悩まされました。


毛玉を一つずつつまんでハサミで切る…。

気ぃ狂います(ー ー;)


軽石でこするというのも聞きましたが
軽石なんて持ってないし。


そこで、教育実習生が絶賛していた
100均の毛玉取り器を買ってきました。


結果


全然取れないしっ(涙)


やっぱりダメなんだなぁ
ということで毛玉が酷くなった服は
処分していました。



その頃友達が
電気屋さんで売っているような
毛玉取り器を使っていて
結構取れるというのです。


早速借りて使ってみました^_^


そしたら、取れること取れること。


即、購入しました。



私が買ったのは

IZUMI KC-NW54-V(バイオレット) 毛玉と...

毛玉とるとる KC-NW54-V(バイオレット)
価格:2,190円(税込、送料別)



リニューアルされたようで私が買ったKC-220-Aは既になくなっていましたが、乾電池で動くこちらのタイプです。色は、グリーン・ピンク・オレンジの3色あるようです。


上位機種にアダプターで動くタイプとアダプターで使えるタイプがありました。


電池タイプのメリットは場所を選ばず使えること。

アダプタータイプも充電すれば
ワイアレスで使えますが、たまにしか使わないので
普段はしまっておいて使うときに取り出して
すぐにワイアレスで使いたかったので。


それとアダプタータイプよりお安い
というのも大きな要因です^_^;

毛玉とるとる KC-NW74-C(ベージュ)

毛玉とるとる KC-NW74-C(ベージュ)
価格:3,125円(税込、送料別)



気になる使用感ですが結構とれます。

ただ、売りの機能のふわふわガードを私は上手く使いこなせてません。
ふわふわガードをすると毛玉がとれないので、私はふわふわを諦めて毛玉を取っています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする