既製品の洋服のポケットを外すことができるかやってみた。

先日買ったユニクロのジャケット。

仕事で一日中着てるのはちょっとキツいんですが、ジャージー素材なので普通のジャケットよりは楽に着られます。


洗濯乾燥機に放り込んで洗濯するには小さいサイズを買ってしまったので(結構縮みました)、洗濯には若干気を使うんですが(やや不満)、カーディガンに近い感覚で着られるのでそれなりに気に入っています。

スポンサーリンク

ポケット邪魔じゃない?


ユニクロを知り尽くしているわけではないんですが、ユニクロのジャケットには必ずポケットが付いているような。。。。


しかもポケットすごい主張してる(・・;)


コレ、なんでついてるんですかね?(´・ω・`)


ポケット、必要な人には必要なんだろうな。


そしてコスト的な問題とデザイン的な問題と強度的な問題とコスト的な問題とコスト的な問題でベタッと前面にポケットが鎮座ましましてるんだろうな。

必要性がゼロのわたしからすると


コレいらない(ー ー;)

既製品のポケットは取れるか?


「使わない」だけならほっとけばいいんですけど、はっきり言って

邪魔

なんです。


ならば外してしまえ!

イェッサー(`・ω・´)ゞ


心配しているのは、ポケットを縫い付けていた穴が大きくならないか?ということ。


ジャージー素材ですから余計に心配です。


しかも、ポケットの口の部分が


image

こんなジグザグ縫いなんですよ。


難易度高そう(・_・;

外したポケットはいらないので、とにかく布を伸ばさないように糸を断ち切ることに専念します。


糸がどうにもこうにも緩まないようだったらカッターで上から糸を断ち切ってしまおうと思っていたのですが試しにリッパーを入れてみたところ

image

ひとまずリッパーが入り込む余地はあったので、少しずつ糸を切っていきました。


image

一か所切ったらあとは、ほどく感じで丁寧に外していきます。
image

なるべく身ごろの生地を伸ばさないように。

格闘すること40分。。。


外せました!

image

image


2度目は早いですね。
もう片方は半分の20分で外すことができました。

洗濯したよ


穴が縮むことを期待して洗濯してみました。

ドラム式洗濯機で洗濯したあと、ハンガーにかけて自然乾燥しました。

結果

image

image

image

ここまで目立たなくなりました☆


どうですかね?勿論じーーっと見ればわかりますけど結構目立たなくなってるんじゃないでしょうか?

以上「 既製品の洋服のポケットは外すことができるのか試してみた 」でした。


それでは今日はこのへんで。

素敵な一日をお過ごしください☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする