ゴム通し口のない洋服のウエストにゴムを入れてみた

先日購入したイーザッカマニアストアーズさんのレギパン。


知らないで買ったんですけど、とっても有名なショップさんなんですね。

うん、凄い履きやすいもん。
しかも可愛い服がいっぱいあるっ♪


そして実はわたしが知ったのも知人の紹介だったりします(^^;

スポンサーリンク

ほぼほぼ気に入っているのですが1つだけ難点がありまして、それはイージーパンツ(ゴム+紐)なところ。


紐をいちいち結んだりほどいたりするのがめんどくさいんです。

どんだけだよっズボラかっ!って感じですが、はいズボラです。


image


イージーパンツには紐が外せるものと外せないものがありますが、こちらは紐が外せるタイプだったのでスルッと紐を外しました(抜きました)。


そしたらウェストがゆるゆるだったんですよ。


落ちちゃうほどではないんだけど落ちそうな感じが気になって気になって気になって気になったので、ウエストのゴムを縫い縮めて短くしようとしたのですが。。。


ゴムが抜けない!!!


残念なことにゴムはしっかりと布についていて外すことができませんでした。


image
これ以上出てこない(´・ω・`)ショボーン


ですが、紐が入っていたということは1周できるということですので、この上からさらにゴムを通すことにしました。


幸いゴムの通し口wは開いてますからね。
image


ところで、ゴムを通しているうちに反対側の端っこまで潜りこんじゃってもう1周した経験ありません?そうですか、ありませんか。

そんなときは
image

こんな感じに反対側の端を待ち針や安全ピンで留めておくといいです。

ゴム通し口のない洋服にゴムを入れる方法


幸いこのパンツはゴム通し口がありましたけど、そもそもゴムなのにゴム通し口がない洋服や下着ってありません?

縫製のときに完全に閉じる前にゴムを入れるんでしょうけど、こういった作りの洋服はゴムが伸びた時に変えられなくて困ってたのですが、ある時から強引に布を切ってゴム通し口を作ることにしています。


↓は元々開いていた穴ですが、これと同じような感じに開けてゴムを通した後は縫って閉じています。
image


塗ってある部分の糸を切ってもいいんでしょうけど縫い糸を切ると失敗した場合、ぴーーーーって全部ほどける可能性があるかなと思って。

ウエストが大きい洋服は後ろ半分だけにゴムを入れることもできる


上の応用で後ろ半分にだけゴムを入れることもできます。


その場合、ゴムの端は布に縫い付けておかないといけないですけどね。

ウエストゴムベルトも売られてますが、これをしちゃうとおしゃれベルトができないんですよね。


ベルトするならそれでいいじゃん?と思うんですけどフィット感がイマイチだったので、ウエストの内側に穴を開けて後ろ半分だけゴムを入れるという荒技をしたことがあります。


結果すんごく快適でした。

ゴムが入ってるのがバレちゃうのでベルトなりトップスなりで隠すの必須でしたけどね(^^;;


その服は処分してしまったのでお見せできないのが残念です。


それでは今日はこのへんで。

素敵な一日をお過ごしください☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする