ゴミ箱の内側にゴミ袋を取り付ける方法


ゴミ箱の内側にはビニール袋を取り付けたい派です。

かといって取り付けたビニール袋が外から見えるのは嫌(ワガママ)


デザイン重視で選んでしまうとゴミ箱が2重になっていないことが多くて仕方なくビニール袋なしで使っていたのですが、案の定というかなんというか木製のゴミ箱の内側が痛んでしまいました。

スポンサーリンク

枠を取り付ければいい


内側になにか箱を入れようと考えたんですが、大きさも形もぴったりくる箱なんてそうそうあるはずもなく。


次に枠を作ればいいんじゃないか?と思いワイヤーで作ろうかと思ったんですが、うちのゴミ箱、四角いくせに角だけ丸いんですよ。


ワイヤー細工って結構力いるし不器用だからきっと綺麗にできないなあ。。。と思っていました。


ならワイヤーじゃなくても何か枠を作ればいいんじゃね?ってことで、手近にあった厚紙(工作用紙)で作ることにしました。これならカッターやはさみで切れるし力も入りません(●´艸`)

ワイシャツを買った時に襟のとこについてるようなペラペラのプラスチック板とか、手に負える素材ならなんでもOK!


image


工作用紙の場合、1重だと弱かったので2重にしました。それをセロハンテープでぐるぐる巻きにして更に強化。カーブは手で曲げてゴミ箱の形にフィットさせました。

で、完成!笑


image

image


底の方がつぼまっている形のゴミ箱なら絶対に引っかかるのでなんの問題もなく使えます。

上部と底が同じ太さのストンとした形のゴミ箱の場合は、中に取り付けるビニール袋がスーパーのポリ袋のような張りのある袋の場合は張りで支えられるので大丈夫です。

こんな簡単ならもっと早くやれば良かったなー。
↑こんなことばっかり言ってる気がするw

それでは今日はこのへんで。

素敵な一日をお過ごしください☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする