サランラップに書けるペン

余ったご飯どうしてますか?


わたしは大体1人前ずつラップして冷凍しています。

白米だけでなく、酢飯だったりシンガポールチキンライスだったりもするので、パッと見で何か分かりにくい場合はラップに油性ペンで何かを書いています。

そのためにキッチンに油性ペンを常備していて、これがなかなか便利♪

スポンサーリンク

油性ペンは溶ける


便利なんですけど1点問題が。。。


電子レンジで解凍するときに、油性ペンで書いた文字を下にすると文字が電子レンジに写っちゃうんですよ。

これ、インクが溶けてる状態なんですって。

すぐに雑巾なりメラミンスポンジなりで拭き取れば大丈夫なんですが、これが軽くストレス。


電子レンジに写らないように文字が書いてある面を上にして解凍したりするんですが、うちの電子レンジの性能の問題なのか、わたしの使い方が悪いのか、上下左右の向きを変えながら解凍した方がムラなく解凍できる気がしているので、どうしても途中でひっくり返したくなる(・・;)そしてやっぱり写る。

サランラップに書けるペンが登場


そ・こ・で!
はい、来ましたドン!笑

旭化成ホームプロダクツからこんな素敵な物が発売されました!


その名も「サランラップに書けるペン」


カラフル〜♪


ちょっと奥さん!
電子レンジで加熱しても溶けないんですってよ!

絵心のあるママなら、子供のオニギリのラップにも絵を書けるね。

うちの子は
「顔かたちのあるものを食べてはいけない持病」
(例:キャラ弁、コアラのマーチ、たべっこどうぶつ、おっとっと、お土産にありがちな動物の顔が書いてあるクッキー)

「カワイイものを食べてはいけない持病」
(例:茶道なんかで出てきちゃいそうな見目麗しい和菓子)
を持っているので書けないんですけどね。


以前、みかんの皮に目と口を書いたら「食べられないじゃん!」と怒られました(^^;;

ゆで卵の殻に顔を書くのもダメです(^^;;

キャラ弁なんて問題外です(^^;;


かわいそうで食べられないんですって。

ふーん。

小花とかハートを散らすくらいなら大丈夫かな。

何種類かのおにぎりの持たせるときも黒の油性ペンで とか書くよりはるかにいいね(書き方!)


それでは今日はこのへんで。

素敵な一日をお過ごしください☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする