断捨離するとおしゃれになる!


おはようございます。


タイトル頑張った!
言い切った! 笑


先日ゆとりのあるジーンズと間違えて伸ばし中のジーンズを履き、あまりのキツさに「どうしよう、今になって乾燥機で縮んじゃった!」と焦りました。


逆に言うと脚をクロスしてお腹引っ込めて履いてたのが、ゆとりジーンズと間違えて普通に履けるくらいには伸びてます。経過は順調です(多分)

スポンサーリンク

ところで以前書いた記事をパラパラと見返してたんですが(センセー、いつからこのブログ紙になったんですかー?)、わたし良いこと言ってました!自分で言っちゃう?うん言っちゃう 笑。

例えばクッションカバーが欲しい時。


様々なテイストのものがあって好みとしてはビンゴ!の物があったとします。


でも今の部屋のままでは似合わない。


もしここにブラックレザーのソファーがあったら似合うかも。他のクッションカバーも全部買い替えたら似合うかも。ラグを変えたら似合うかも。これを機にインテリアのテイストを徐々に変えていって…。


たらればなら似合う場合、恐らくたらればはたらればのまま終わり結局しっくりこないままそのクッションカバーはしまい込まれるか、ちぐはぐなインテリアになるかのどちらかになります。


そうではなく今の部屋に合うものを選ぶ。

たらればなら、それも含めて今変えてしまう。


洋服もそう。

手持ちの服には似合わないけどこの鞄可愛いなと思うのであれば似合う服も一緒に買う。

もしくはその鞄は買わない。


買うというと一見断捨離とは違うように思えるかもしれませんが

やみくもに捨てる!
やみくもに買わない!

が断捨離ではないと思います。


必要な物、余計な物を見極められるようになるのが断捨離の最大の効果だと思います。

こうすることでガラクタに溢れることなくいつも洗練された状態でいられるという効果が得られます。


断捨離の効果ーいつかをなくすと洗練される

そうなんですよ、これこれ(笑)

判断基準なく断捨離してもつまらないし、また元に戻るし、家や洋服がすっきりしたところでダサいと「で?」って感じだし。


共感を得るために断捨離してるんじゃないんですが、やっぱり褒められると嬉しいじゃないですか。


「すっきりしてるけど真似したくないよね」

より

「すっきりしてるのにオシャレ!真似したい!」

と思われたい。


ってか人から見てどうこうより「すっきりしているのにオシャレ」の方が自分が気分がいい。

生活感溢れたごちごちゃの部屋より何もないすっきりした部屋の方が落ち着くけど、同じ何もない部屋でもホテルと研修施設だったら断然ホテルがいい。


研修施設じゃくつろげないし、そこでずっと生活するとなるとわたしは気分が下がります。で、反動でいらんものを衝動買いします(^^;;

そこで「今の自分に合う好きなもの」を基準に厳選していくと、失敗することもありますが割と効率よく、すっきりでおしゃれっぽくなると思っています。

それでは今日はこのへんで。

素敵な一日をお過ごしください☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする