Kindle Unlimited読み放題で「夢をかなえるゾウ2」を読んだ感想と「嫌われる勇気」


先日Kindle Unlimited読み放題をご紹介する記事

で例として夢をかなえるゾウの画像を使ったのですが、前から気になっていた本だったので丁度良い機会だと読んでみました。

スポンサーリンク

売れないお笑い芸人がお笑いコンテストで優勝を目指し、そこで彼が成長する過程を通して、人に与えること、受け取ることで成功していく理論が書かれています。


夢をかなえるゾウ2に興味を持つ方は嫌われる勇気も読まれてるでしょうか?


嫌われる勇気はちょっとびっくりするタイトルですが、内容はアドラー心理学をわかりやすく解説したものです。


…なのですが、実はわたくし
1章はとても分かりやすく読めたのですが、章が進むにつれどんどん抽象的な表現になり、どんどん置いてかれたんです(^^;;

ひとえに己の読解力のなさなのですが。

与えるとか貢献とか言ったかと思うと人は存在するだけでいい的な話しになり、一周回って元に戻ってしまい何も解決しなかったんですよね(´・ω・`)ショボーン


ただ嫌われる勇気の1章は目から鱗というか今まで思いつきもしなかった発想だった上に、わたしにも十分理解できたので、このアドラー心理学の考え方が一部でもできるようになったおかげで人付き合いが大分楽になりました。

で、夢をかなえるゾウ2に話しを戻すと、本の中で言ってることは多分同じです。

そしてとても分かりやすい。


夢をかなえるゾウ2嫌われる勇気でアドラー心理学を具体的に書ききれなかった部分を最後まで具体例に落とし込んで書かれているので「嫌われる勇気で言いたかったことはこういうことだったんだな」と理解することができました。


この状態で嫌われる勇気をもう1回読んだら理解が深まりそうだ。

残念ながら嫌われる勇気はKindle Unlimited読み放題の対象外なんですが一読の価値ありです。


それでは今日はこのへんで。

素敵な一日をお過ごしください☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする