無限ピーマンをよりシンプルに!


無限ピーマン煮る炊くレシピ


わたしはピーマン料理というと、炒める(青椒肉絲・野菜炒め・焼きそば等)か焼く(BBQ・ピーマンの肉詰め等)か揚げる(天ぷら)だったのですが、結婚してから炊く(煮る)というピーマン料理があることを知りました。

縦に4分の1位(大体です)に切ったピーマンを醤油・酒・みりん・出汁で炊く(煮る)んです。


初めて食べた時はその美味しさに度肝を抜かれました。


ちなみにピーマンを「炊く」という言葉にも衝撃を受けました(わたしの生活圏では「炊く」はごはんにしか使わない)

スポンサーリンク

でもこの料理はピーマンを大量に使うんです。


農家だと大量にピーマンを使えますが、関東で売ってるピーマンって薄っぺらくてちっちゃくて数もせいぜい1袋に5個くらい。


パプリカほどではないけれどちょっと肉厚のピーマンの方が美味しい。


ここ数年、近くに業務スーパーができて肉厚で大量に入ったピーマン(ピーマン大袋)が買えるようになったので、心置きなくピーマンを煮ています。

いつの頃からか無限ピーマンというものがネット上で流行ってるみたいですね。


ピーマンにツナ缶とごま油・鶏ガラを加えてレンチンしたものです。

無限ピーマンという名前がついているくらいだからさぞかし凄いんだろうと期待して作ってみたところ。。。

普通でした(^^;;


息子に至っては

「 余計なものが入ってる(泣)」ですって。

うん、ツナ入れたからね。

多分、わたしと同じくピーマンを炊く文化のなかった人が最初に食べたら感動するんだろうな。

でも、このレンチンは手軽でいいねえ。


これは使わせていただきましょう♪

ということで

電子レンジでピーマンを炊いてみよう!

ピーマンは適当にカット。

無限ピーマンのように縦半分に切ってから短冊切りにしてもいいし、縦に4分の1位でもいいです。

今回はお弁当に入れ安いように縦に4等分にしてからさらに横に4等分にしました。

醤油・みりん・酒・顆粒和風だしを適当に加える。
(計ってないけど和風だしは小さじ1位、ほかは大さじ1位ずつ)


蓋かラップをして電子レンジで3分くらい。
(500wでも800wでも3分くらい。ピーマンは生でも食べられるので大体でOK)


ざっとかき混ぜたら完成!


無限ピーマン煮る炊くレシピ
意外に水分が出るのでコゲつく心配もありません。


こりゃ、洗い物も少ないしお手軽でいいねえ。


お好みで鰹節をかけていただきます。


鰹節はお好みですがこの「ピーマンを炊いたん」をお弁当に入れる時はアルミカップに鰹節を敷いてその上にピーマンを入れてさらに上にも鰹節をかけておくと汁気を吸ってくれていいです。


それでは今日はこのへんで。

素敵な一日をお過ごしください☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする