もう手放せないっ!KindleUnlimitedが素敵過ぎる


KindleUnlimitedに絶賛依存中のNanaです。おはようございます。


今日はKindleとKindleUnlimitedの魅力についてだらだらと語っていきます。

スポンサーリンク

Kindle見やすいよ〜


わたしはスマホのアプリのKindleを使っています。

その他に楽天koboとTOSHIBA bookplace、pixiveを入れています。


以前はRenta!、サイコミ、マンガきゅんと、comico、マンガボックス、マンガZERO、LINEマンガ、、マンガ図書館Z、Yahoo!ブックストア…等々を入れていたのですが使い勝手はKindleがダントツいいです。

デフォルトの文字が見やすい

文字がとても見やすいです(無料マンガの閲覧アプリと比較するのは違うと思うので、自然比較の対象は楽天koboになってしまいます)。


文字の大きさだったりフォントだったり解像度だったりすると思うんですが、むしろ紙の本より読みやすいです。


本を読む上で物理的な読みさすさってとても大事。

単語の意味を検索ができる

わたしはボキャブラリーが少ないので小説を読むとわからない言葉だらけです。


漢字からだいたいの意味は推測できるし、調べた結果当たってたり、当たらずとも遠からずだったりするので流しても問題はないのですが、冊数を読み込むうちにやっぱりちゃんとした意味を知りたいなと思うようになりました。


Kindleアプリの場合、わからない単語を選択すると辞書の該当ページが表示されます。


「選択テキストに関するWikipediaのページが見つかりません」


と表示されることも多いですが(そんなに特殊な言葉を使う小説ばかり読んでるのかなあ(・・;))


その場合は選択した単語をコピーもできるのでブラウザで改めて調べられます。

拡大縮小がスムーズ

文字や絵を拡大して見たい時ってあると思うんですが、拡大できないアプリも多いんですよ。


Kindleや楽天koboはピンチアウト・ピンチイン(拡大縮小)はできますが、特にKindleはこの拡大縮小の動きがスムーズです。


この拡大縮小(というか元に戻す)の動きがスムーズじゃないとイラっとするんですよね。


特に漫画を読んでる時はちょくちょく拡大したいので拡大縮小の動きがスムーズということは結構大事なポイントです。

KindleUnlimitedとの連携が素晴らしい

Kindleアプリ内のメニューからBook Browserを選択するとKindleUnlimitedのページが表示されておすすめ書籍が表示されます。


閲覧履歴からおすすめを割り出しているようで(個人情報〜)、興味を引く書籍がバンっと表示されます。


もちろん検索もできて、自分で書籍を検索することもできます。


そしてそこからダウンロードもでき、そのまま読むことができるという、Kindleアプリ1つで全部できるところが素晴らしいっ!


図書館で次々と本を手に取るように読めます。

本屋さんで買いにくい本も読み放題

BL大好きなわたくしですが本屋さんでBL買うの恥ずかしくないですか?アニメイトとかならいいですけど一般の本屋さんではちょっと…いやかなり厳しい。


同じ理由で
加藤鷹さんの本とかも買いにくい(^^;;

加藤鷹さんの本って実は心理学的な自己啓発系だったりもあるんですが何せタイトルがタイトルなので書店ではなかなか買いにくい(^^;;


その点、Kindleなら誰にも知られずにワンクリックで読めますからね。


ちなみに上記のリンクの本はKindleUnlimited対象外なのですがなんと!54円です。

こちらの本ね

このお値段でいいんでしょうか?

タイトルや表紙で買いにくい本が買えるというのもあるんですけど、今まで手が出なかったジャンルも読みたい放題なんですよね。


お金出して買う気がなかった経済とか経営とか政治とかも次々と手にとって読んでます。
見栄張ってかなり盛ってみました(^^;


まあ盛ってはいるんですが経済や経営の本も読んでるのはホントで、同じ経済の本でも自分の閲覧履歴に基づいて読みやすいレベルのものをKindleがおすすめしてくれているのか、わりと読みやすいことが多いです。


もし閲覧履歴から分析して読んだことのないジャンルのおすすめをしていたらKindle凄過ぎっ。


そんな感じでわたしの読書ブームはしばらく続きそうです。



それでは今日はこのへんで。

素敵な一日をお過ごしください☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする