来客用布団は貸し布団で用意

引っ越しが決まって

心機一転!スッキリ暮らすぞ〜!!!

と思っていた矢先…



義実家から

自分達が泊まりに行った時のための布団を送る

と連絡がありました。


じょーーーーーだんはヨシコさんです。


滅多に使わない布団のために

クローゼットの半分を占領されるなんてとんでもない!!


もう用意したから…と丁重にお断りしました。
購入はしてませんが
貸し布団を借りる算段はついています。
うん、用意できてるできてる。



しばらくして義両親が泊まりに来ることになったので、貸し布団を前日に届くよう予約しました。


その時利用した貸し布団の会社は布団のランクが3つあったので一番上のランクをチョイス。


義両親は布団にちょっとうるさいのです。

こちらで用意すると言った手前
そこは妥協できません。


貸し布団はシーツもカバーもされた状態で届けられたので、こちらはそれを義両親が使う部屋に置いただけ。

貸し布団とバレることもなく、品質にクレームをつけられることもありませんでした。


義両親が帰った日に取りに来てもらうよう手配していたので、届けられた時に入っていた布団袋に入れて玄関まで運ぶだけ。

布団にを干す必要も、シーツを洗う必要も、布団にセットする必要もなく楽チンでした。


貸し布団だと保管中の管理をする必要もなく本当に楽です。



その後5年経ちましたが義両親が来たのはその一度だけ。

布団の出番もその1回だけです。


危うくその1回のために、ずーーーーっと布団を所有するところでした。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする