処方箋でJINSで子供用眼鏡を作りました


おはようございます。Nanaです。


先日JINSで処方箋で子供用の眼鏡を作りましたのでその体験談をご紹介します。

スポンサーリンク

JINSで買うことに決めた経緯


子供用の眼鏡を作るにあたって眼鏡の購入場所の候補は3つありました。


1つは眼科。

そしてzoffとJINSです。

最初くらい眼科できちんとした眼鏡を買おうかな?と思ったんです。


でもそこの眼科で用意していた眼鏡はフレームで18000円くらい。

さらにレンズをプラスすると26000円くらいになるとのこと。


わたしも眼鏡ユーザーなのでわかっちゃいたけど、やっぱり高いわ。
そういえばフレームとレンズって別だったわね。最近格安眼鏡屋でしか買ってないからすっかり忘れてたよ(-。-;

そしてまだド近眼までは進んでいない子供は


授業中とテレビを見るときだけ


眼鏡をしてくださいとのこと。


眼鏡をしたまま勉強なり本なりDSなりと手元を見る作業をすると近視がガンガン進むそうです。


なので黒板を見る必要のない自習の時は眼鏡をかけちゃいけない。


ということは眼鏡を学校に持って行って黒板を見る授業のときだけ使うということ。

...こりゃ眼鏡なくすね。

子供の今までの行動パターンを見ているとなくす確率が非常に高い。


下手したら1ヶ月とかで失くしそう(´・ω・`)ショボーン


それに26000円って。。。


ということで眼科の眼鏡じゃなくJINSかzoffで買うことにしました。


わたしが子供用の眼鏡に求める条件は

  • デザイン的に子供の顔に似合っていること
  • 下を向いたときにずれない等、子供の顔にフィットすること
  • 軽量
  • 曲がること

です。

そしてJINSかzoffかなんですが、うちの近隣にある店舗はzoffよりJINSの方が売り場面積が大きい(ゆえに扱ってるフレームの種類も豊富)


そしてJINSにはメタルフレームの眼鏡が置いてある。


うちの子供の顔にはプラスチックフレームよりメタルフレームの方が似合ったというのが一番の理由なんですが、プラスチックフレームよりメタルフレームの方が顔にフィットしやすい気がするので、メタルフレームが置いてあるJINSに決めました。

そして最近の眼鏡は軽量でさらに多少曲げても大丈夫なんですね。


素晴らしい!!!

子供用眼鏡購入までの流れ


その日はちょっと混んでいたようで、検眼が30分待ちとのことでした。


でもこちらは眼科でもらった処方箋があるので検眼は必要ありません。


フレームを持って受付へ。


処方箋とフレームを渡し、受付後5分ほど待って会計。

あ、そうそう。

お安く済んだのでレンズをブルーライトカットのものにしました。確かプラス5000円。
ブルーライトカットレンズについては後述します。


仕上がりまで40分くらいかかるということで引換券を持って一旦お店を出ました。


引換券に印字された時間にお店に戻ると、出来上がった眼鏡をかけて微調整してもらって終了です。

処方箋の有効期間と保証


眼科でもらった処方箋の有効期間は1ヶ月でした。

薬みたいに3日だったらどうしようって思ってたんですが、さすがにちょっと余裕ありますね。

JINSの眼鏡の保証期間は半年。


もし度が合わない等があったら無料で交換してくれるんですって。凄い!

そして病院の方は処方されている目薬がなくなったタイミングで作った眼鏡を持って来院するように言われていて、そこで眼鏡が合っているか等のチェックをするそうです。


眼科とjinsでここまでフォローしてくれるのでJINSで十分だなと思っています。

ブルーライトカットレンズについて


ブルーライトカットのレンズって、PCやTVやスマホやゲームをするときだけかと思ってたんですが普段からしてもいいんですって。


担当してくれた店員さんがかけていた眼鏡はブルーライトカットレンズだそうです。


なので子供用の眼鏡もブルーライトカットレンズにしました。

そんなことならわたしの眼鏡もブルーライトカットのレンズにしたいなあ。。。と密かに目論んでいます(^^;;

それでは今日はこのへんで。

素敵な一日をお過ごしください☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする