お手軽な中で限りなく最上級を目指す。インスタントコーヒーを美味しい状態で保存する方法。


みなさんインスタントコーヒーは飲みますか?


わたしは水のように飲んでます^_^

コーヒーほど強くない飲み物が欲しい時に丁度いいんです。


インスタントコーヒーってどちらかというとあまりいい印象を持たれない飲み物な気がしています。

「 インスタントコーヒーなんて 」

とバカにされるようなイメージ。

コーヒー好きさんには相手にされないかもしれませんが、わたしは紅茶とコーヒーが別の飲み物のように


缶コーヒーは「コーヒー」じゃなくて「缶コーヒー」という飲み物


インスタントコーヒーも「コーヒー」じゃなくて「インスタントコーヒー」という飲み物


だと思っています。

スポンサーリンク

インスタントコーヒーを美味しく保存する方法


とはいえせっかくお手軽なインスタントコーヒーなので、ズボラ道としてはズボラ道を極めたい 笑


極力インスタントコーヒーを用意する手間も洗い物の手間も少なくして飲みたいんです。


でもその中でも極力良い状態で保存してなるべく美味しくいただきたいという。


相変わらず努力するベクトルが間違ってる気がしますが(^^;;

わたしは日本の製品は凄まじい企業努力がされていると思っていて、インスタントコーヒーの瓶も保存に向くように作られていると思っています。


その計算されたインスタントコーヒーの瓶の保存力を遺憾なく発揮させるには

インスタントコーヒーの内蓋保存方法

この縁の部分の高さが均一になっていることが大事。


縁が綺麗に

全部残っている状態

剥がされている状態


がいいわけです。


100か0です。


でも糊も少しも残らず綺麗に剥がし切るって難しいと思いません?


なのでわたしは全部残す方を選択しています。

インスタントコーヒーを美味しく保存するためのカット方法


はい、ズボラ道流インスタントコーヒーの開け方講座はじまりはじまり〜。


インスタントコーヒーの内蓋保存方法

インスタントコーヒーの内蓋にカッターなどでケーキをカットするように中心から切り込みを入れます。

切り込みを入れる部分ですが、インスタントコーヒーの瓶ってざっくりと楕円形だったり長方形だったりすると思います、その幅の狭い部分にします。

インスタントコーヒーの内蓋保存方法

縁の内蓋を傷つけないように、枠を残すように内蓋を切り取って完成です。

なんで扇型にカットするかというと、わたし的研究の結果、この形が一番こぼれにくいです。


こうすることで、インスタントコーヒーが飲みたくなったらインスタントコーヒーをコップにザーッと注いでお湯を注いで完成です。


スプーンでかき混ぜる必要もなく、最小限の手間と洗い物でインスタントコーヒーが飲めます。


そして保存にも向くという方法です^_^


ちなみに、なんで幅の狭い部分に切り込みを入れるかというと

インスタントコーヒーの内蓋保存方法

持ちやすいから。以上!


手があまり大きくないので幅が狭い部分を持ちたいんですよね。


ほんのちょっとのことなんですがストレスが大分軽減されるのでお試しください。


それでは今日はこのへんで。

素敵な一日をお過ごしください☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする