簡単手作り!手縫い平面マスクの作り方


子供が小学校に入学するときにマスクを手作りしました。


かわいいマスクにしたかったのでかわいい模様のガーゼを探していたのですが、ガーゼって普通の布地に比べて種類が少ない(´・ω・`)


ネットで手作りマスクを色々と見ているうちに、口に当たる内側はガーゼで外側は普通の布地というマスクを見かけたので、だったら普通の布地でマスク作ればいいんじゃない?そもそもなんでマスクはガーゼ生地なんだろう???


と思っていたんですが

普通の布地でマスクを作ったら息苦しい

という当然に理由に気付いたのは大分経ってからだということは恥ずかしいから内緒にしておこう(^^;;

スポンサーリンク

手作りマスクの種類と作り方


ちょっとググるとマスクの作り方はザクザク出てきます。


種類も

  • 立体型
  • プリーツが入っているもの
  • 昔ながらの平面のもの


とざっと見ただけで3種類。

立体型のマスクと平面マスクを作ってみたのですが、作るのは平面マスクが圧倒的に簡単です。


子供に使用感を確認したところ平面マスクの方が使いやすいとのことなので、利害が一致し平面マスクを作りました。


折って折って両端を縫うだけなので超簡単( ´ ▽ ` )

手縫い手作り平面マスクに必要な生地の大きさ


平面マスクに必要なガーゼの分量は


マスクの出来上がりの縦の長さ×2+2cm


マスクの出来上がりの横の長さ×3

です。

例えば、出来上がりのマスクの大きさが

縦9cm × 横 12cm

だとしたら

縦 : 9 × 2 + 2 = 20 cm
横 : 12 × 3 = 36 cm

です。

簡単手縫い手作りマスクの作り方
上の写真のように運よく生地の耳(端)の部分が外に出してもおかしくない柄だったら、折り込む必要がなく、逆に1cm減らせるので

横 : 12 × 3 ー 1 = 35 cm

で大丈夫です。

スポンサーリンク

手縫い手作り平面マスクの作り方


① 1cm重なるようにして上下を折ります。

簡単手縫い手作りマスクの作り方重なった部分が分かりやすいように端を少しずらしています


この1cm重なるがポイント。


「どうせ内側に入るんだし重ねなくてもよくない?」と思うかもしれませんが(え?思わない?(・・;))、重なるようにしないとゴム通しの時に「嗚呼!たかが2cmをケチったばっかりに」と嘆きつつ大変な思いをしながら作業することになりますのでケチらずに重ねます(笑)


折りながらアイロンをかけるか③まで全部折ったあとにアイロンをかけるかするとマスクの仕上がりが全然違います。

② 左右を3等分に折ります。

簡単手縫い手作りマスクの作り方

③ 上側の生地の端を1cm折り込みます。

簡単手縫い手作りマスクの作り方

生地の端は切りっぱなしということになりますが案外大丈夫です。

④ 両端1cmのところを縫います。

簡単手縫い手作りマスクの作り方

わたしは運指が超苦手でまっすぐに縫えないので、表面にも裏面にも線を引いて線からはみ出さないように縫っています(^^;;


そして手前にした面より外側にした面の方が心なしか綺麗に仕上がるので、口が当たる方の裏面を手前にして縫っています(^^;;;

⑤ ゴムを通します。

ゴム通しがなくてもストローがあれば大丈夫。


簡単手縫い手作りマスクの作り方

ゴムを通す部分にストローを挿し込み、そのストローの中にゴムを通します。ゴムが通ったらそっとストローを外してゴムを結べば完成です。


①で上に重ねた方からストローを挿し込むとスムーズですが、細かいことは気にせずストローを差し込んだときに引っかかるようだったら反対側から差し込んでみてください。

①で1cm重ねないとこのゴム通しのときに上から挿しこんでも下から挿し込んでもストローが引っかかって反対側に出てこないという事態に陥ります。生地も崩れてくるしかなり焦るので繰り返しになりますが①では1cm重ねましょう(笑)

手縫いで大丈夫?強度は?


ミシンを出すのがめんどくさいという理由だけで手縫いでマスクを作っていますが、手縫いでも十分です。


わが家の洗濯事情によりマスクも例外なく全自動洗濯乾燥機に放り込まれますが、数年経っても壊れていないです(でもくしゃくしゃです(^^;;)

手縫いよりミシン縫いの方が丈夫という勝手なイメージを持っていたのですが、テーラーメイドのスーツなんかは手縫いで行われるんですね。そういえば着物も高級なものは手縫いだ。


ということで手縫いでも強度にはなんら問題がないどころかミシン縫いよりもむしろ丈夫らしいです。


それでは今日はこのへんで。

素敵な一日をお過ごしください☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする