ワイドパンツを履いたら注意する2つのポイント


ガウチョパンツ、スカッツ、ワイドパンツ。


形の定義があってそれぞれ微妙に違いますが、共通点は裾の幅が広いこと。


わたしはこの裾の幅が広いパンツが苦手なのですが、苦手なポイントを踏まえて克服する方法を考えたいと思います。

スポンサーリンク

ワイドパンツを履いたら走らない


7部丈など短めのパンツだと問題ないかもしれませんが、わたしはくるぶしが完全に隠れる長い丈が好き(というか短いと足が冷えて履けない)。


長い丈のワイドパンツを履いているときに走ると高確率で2歩目につまずきます。


前に運ぶ足が軸足のワイドパンツの裾に引っかかるんですよ。

一番ひどかったときは、前に運んだ足を軸足のワイドパンツの裾の中に突っ込みました。


前に運んだ足は裾に突っ込んだまま地面に着地することなく。


しかも走り出してますからね。


・・・はい、ド派手に転びました(・・;)


今で言うとろみ感のあるブラウスに、肩にかけたスカーフをフロントの襟の下で結び、ブラウスと同じくテロテロのワイドパンツに、ヴィトンのエピのノエとシャネルのプルミエールが流行っていたあの頃(遠い目)

誰ですか?今「懐かしい〜」って言ったの? 笑

そんな「ええかっこ」してる姉ちゃんがド派手に転ぶって( ̄▽ ̄;)

それ以来裾の広いワイドパンツはトラウマです(^^;;


うん、自業自得!

確かこのときも2歩目で転んだんです。足の運び方が悪いんですかねえ。

ということでポイントその1

ワイドパンツを履いたら走るべからず
そんなことするのアンタだけだ。そして学習能力なし(^^;

ワイドパンツのおトイレ問題


ガウチョパンツが流行り出したとき、陰でおトイレ問題が浮上していたと思います。


みなさん苦労してるんですね。


わたしもご多分にもれずで、このおトイレ問題のためにガウチョパンツを買わなかったと言っても過言ではないです。


(ガウチョパンツ流行ったとき、ポイント1の逆足の裾に足を引っ掛ける問題はすっかり忘れてました(^^;;)


前に腕にバチンと止まるバングルでもしておいたらいいか?という記事を書いたと思いますが、最近は


ひざ下丈のストッキングの中に突っ込む


というやり方に落ち着いています。


↓参考写真
img_7090
お目汚し失礼しました(^^;;

この方法だとわざわざおトイレ問題対策グッズを携帯する必要もないし、途中でハラリとほどけて落ちることもないです。

ということでポイントその2
ワイドパンツを履いた日は膝丈ストッキングを履くべし


それでは今日はこのへんで。

素敵な一日をお過ごしください☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする