休日朝食の定番!簡単クロックマダムの作り方と食べ方


「簡単」と書きつつ実はめんどくさい(・・;)という最初から台無しな感じなんですが、わが家の休日の朝食の定番です。


子供が好きなんですよ。クロックマダム。


なので休日にちょくちょくリクエストされます。

平日はこんな手の込んだもの(言い切ります。手が込んでます( ̄^ ̄)キッパリ)作れないので、リクエストされた2回に1回くらいは作っています(それでも毎回はリクエストに応えない)。

スポンサーリンク

クロックマダムの作り方


フライパンで半熟目玉焼きを作り、同時進行で電子レンジでホワイトソースを作り、食パンにホワイトソース・ハム・チーズを乗せてトーストした上に目玉焼きを乗せたら完成です。

作り方自体はすこぶる簡単。


難しいのは塩加減と目玉焼きを作ることくらい(そこかい!)

ホワイトソースにも塩コショウやコンソメで味付けしないと美味しくないし、目玉焼きも塩コショウはマスト。


しかしチーズやハムにも塩が含まれているわけで、ともするとすんごく味が濃くなってしまうんです。


トータルの塩加減をイメージしつつ、各々は若干控えめな味付けくらいがちょうどいいかなと思っています。

クロックマダムの食べ方


ところでこのクロックマダムですが、いつも食べ方に悩まされます。


目玉焼きが半熟なので手で持って食べると黄身がドロンってなるんです。


ホワイトソースもデロンってなるし。


お皿とか手とか口の周りとかが大惨事になるわけです。

ナイフとフォークで一口サイズに切りながら、デロン・ドロンってなった黄身やホワイトソースをパンに絡めながら食べればいいんだろうなとは思うんですけど、一方で


「 食パンだし? 」


って思うわけです。

フレンチトーストのように手で持てないことが明らかだったり、食パンの見た目と変わっているものならいざ知らず、わたしの作ったクロックマダムの食パンを見てください。端っこのカリッカリなこと!


この食パンの面影を色濃く残す食べ物は所詮食パンなので、たかだか食パンをナイフとフォークで食べるというというのはお上品ぶってて滑稽に思えるという。。。


共感してもらえますかね?この葛藤。


多分食パン然としているのがいけないんだと思うんですよ。


カリッカリのパンの耳が見えてるから手で持ちたくなるんだろうな。


食パンの耳が見えないくらいもっと端っこまでホワイトソースをかけたらいいのかもしれないけど、そしたらトースターの中で流れて落ちるでしょ?かといってアルミホイルとか敷いたら底がカリッとしないでしょ?


というジレンマ。

よし!要研究だな。


それでは今日はこのへんで。

素敵な一日をお過ごしください☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする