大きな石から入れるべし 〜優先順位の法則〜

瓶の中に大きな石を入れました。

4つ入れたところで瓶はいっぱいになってしまいました。

5つ目の石は入りません。


その瓶に小さい石を入れたところ

小さい石は大きな石の隙間に入っていきました。

瓶がいっぱいになるまで小さい石を入れました。

これ以上入りません。

その瓶に細かい砂利を注ぎ位入れました。

砂利は大きな石と小さい石の隙間を埋めるように入っていきました。

これはとても有名な話だと思います。


でもわたしは大きな勘違いをしていました。


この話は「いっぱいだと思っていても隙間はある」という意味だと思っていたんです。


確かにそういう意味もあると思うんですが、もう1つ


「順番を間違えると大きな石は入らない」


という意味もあったんです。

スポンサーリンク

優先順位は 砂利 < 小さな石 < 大きな石


先の話で言うと、大きな石から入れれば小さい石も砂利も入るのに、砂利や小さい石を先に入れてしまうと大きな石が入らないんですよ。


時間とかお金で考えると分かりやすい。


時間のかかる大きなことをメインにやっていれば隙間時間は取れるけど、隙間時間でできることから取り掛かってしまうと時間のかかる大きなことはできない。

経営の話でよく言われる「自分の取り分を先に取りなさい」も同じ原理かなと思います。自分の取り分を先に取ってもほかの経費も賄えるけど、なぜかほかの経費を先に支払うと自分の取り分は残らないんだそうです。


経営したことないので実際のところはわからないんですが(^^;;

でも家計も家の経営なので同じことが言えると思っています。


自分のお小遣いを家計の予算に組み込んでしっかり確保しても家計は回るけど、お小遣いを組み込まなければいつまで経ってもお小遣い分は余らないということ。

大きな石 = 長時間・大金ではない


また、ここで言う大きな石とは単純に大きな金額・長時間ではないと思っています。


例えば一般的に家賃やローンはお小遣いよりも金額が大きいと思うんですが、わたしはお小遣いが大きな石だと思っています。


自分にとって本当の意味での優先順位が高いもの = 大きな石


かなと。

時間に関しても、仕事や家事や育児に追われて自分のやりたいことってなかなかできない。


先の原理でいくと自分のやりたいことを先にやると仕事も家事も育児もできるという話になりそうです。


仕事や家事や育児のやり方は変わるかもしれませんが。


きっと工夫するんでしょうね。


楽天のお気に入りに追加されている品々もついお手頃なものから買ってしまいます。


思い切って買ってみようかな( ´ ▽ ` )ノ


それでは今日はこのへんで。

素敵な一日をお過ごしください☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする