お気に入りの香水と付け方


マニアというほどではないんですが香水が好きです。


でも仕事中は香水をつけるのに気を使ってしまいます。


わたし自身香りの好みが極端というのもあるんですが、香りの好みってひとそれぞれですものね。


それに香り自体は好きでも強過ぎると閉口してしまいます。


わたしは今現在職場には香水をつけて行ってないので多分無臭です(・・;)、そのせいか時々スメハラ(加齢臭とかじゃなくて香水や香り付きの整髪料とかのね)も相談されたりするんですよ。


やっぱり気になる人は気になるみたいです。

スポンサーリンク

香水の付け方と適切な量


その人が近づいてきただけで分かるくらいだと付け過ぎだと思っています。


残り香、移り香なんて最悪。


近くでふっと動いたときに「あれ?香水つけてる?」と言われるくらいがちょうどいいなと思っています。


この状態にするには、香水をお腹に軽くシュッとひと吹き。


お腹につけると体温で暖められた香りが洋服の襟ぐりから出てくるのがわかります。


動くたびに洋服がポンプになって襟ぐりから香り付き空気を吐き出している感じ。


鼻にとても近い位置なので自分が一番に香りを感じられて付け過ぎが防止できるかなと思っています。


ただこの付け方だと車のような狭い空間だとつけていることがバレちゃいます。


そういう意味ではまだ付け過ぎなのかな?


付ける香水の量を半分にしてお腹ではなく胸でチャレンジしてみます。

以前太ももに付けたことがあるのですが、太ももにつけると洋服に遮られるためか同じ量を付けているのに自分では全く香りを感じないんです。


自分で香りを感じられないのは悲しい。というか付けている意味がない。


自分でも香りが分かるくらいまで付けると、付けた香水の絶対量は増えているので付け過ぎになるのではないかと警戒しています。

お気に入りの香水


ここからはわたしの好きな香水の話。


今まで愛用していた歴代の香水(オードトワレ)は

LARME(ラルム)
ETERNITY(エタニティ)

です。


時代を感じる(●´艸`)フフフ


爽やか系の香りが好きですね。


ですがその後

24FAUBOURG(ヴァンキャトルフォーブル)

に出会い、以来ずっと愛用しています。


前の2本と違って少し甘い香りなのですが、甘ったるいのではなくて、上品な優しさをイメージする甘い香りです。さすがエルメスです。


なので、なおのこと付け過ぎて下品にしたくないなあと思っています。


とかいいながらムスクも好きなんですよね(^^;;
自分で買って付けたことはないですが。

あの直接的な色気もたまらん 笑


もし、車に乗っても香水を付けていることがバレないような付け方を極められたら仕事にも付けていけるかな。

満員電車だから無理か(^^;;

それでは今日はこのへんで。

素敵な一日をお過ごしください☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする