ミューズノータッチを使用中。自動ハンドソープのメリットデメリット


自動の蛇口に慣れすぎて、手動の蛇口の下でも手をかざして待ってしまうNanaです。おはようございますm(_”_)m


前から気になっては思い直し、やっぱり気になっては思い直していた自動ハンドソープディスペンサーを買いました。


まずはハンドソープの自動ディスペンサーにしてはお手頃価格のミューズ ノータッチでチャレンジしたのでご紹介します!

スポンサーリンク

まずは見た目から。

ミューズノータッチ自動ハンドソープディスペンサー

ダサい

ハンドソープ自動ディスペンサーでコレといったデザインのものはなかなか見つけられないのですが、ミューズ ノータッチは群を抜いてダサい(-。-;


キッチン用というシルバーのものも販売されていて、ステンレスっぽい素材がまだマシかなあと思うけど(インテリアに合うことが前提)、いかんせん上からハンドソープのボトルが見えてしまっているのがなんとも。。。そして、ハンドソープのボトル以前に本体フォルムもダサいと思っています。プラスチックがチープだしね。


でもそれはスーパーやドラッグストアに売られている手動のハンドソープボトルと同じレベルだと思っているので仕方ないと思っています。

泡が出るのに時間がかかる。

  1. 手をかざす
  2. ミューズノータッチが感知する
  3. 泡が出る
  4. 泡が出終わる

まで約3秒かかります。


これ地味にストレスです(-。-;


どんだけせっかちだよ!という話しなんですが、こればっかりは性分なので仕方がない。


「時間がかかるものだ」と自分に言い聞かせてミューズ ノータッチに挑むと多少ストレスは軽減されます(^^;;

量を調節できない

ハンドソープ自動ディスペンサー全部に言えることかもしれませんが1回の量が決められています。


手動のハンドソープの場合、下まで全部押し込むんじゃなくて半分まで押し込む等で1回分のハンドソープの使用量を自分で調整できますが、ミューズ ノータッチをはじめとしたハンドソープディスペンサーはその調整ができない。


足りないなら何度もかざせばいいので問題ないんですが、多いと思ってるんです。

「この半分の量でいいんだけどなー」

と思いながらいつも使っているのですが、企業様が研究に研究を重ねて弾き出した1回分の量なのでしょうから、今までわたしが使っていた量が少なかったんだと思うようにしています(^^;;


でもやっぱり、2段階くらいでもいいから1回分の量を調整できるといいなあと思っています。

手前を拭くと反応してハンドソープが出る

これは買う前からそうだろうなーと思っていたことなので「やっぱりね」という感じです。


水回りはどうしても濡れるし汚れるので拭きたいわけなんですが、周りを掃除している時にミューズ ノータッチのセンサーが反応して泡が出ちゃうんです。

ピピピッ ウィ〜〜ンって。


手のひらに乗らず下に落ちてしまったハンドソープの悲しいこと(-。-;

ミューズノータッチ自動ハンドソープディスペンサー

センサーはミューズノータッチ本体のノズルの横にあるので、後ろから掴んで持ち上げてしまえば基本的に反応しません。


がっつり掃除したい場合は後ろに電源スイッチがあるので、OFFにしておけば大丈夫です。

詰め替えのハンドソープが高いらしい

実はまだ最初に買った分を使い切っていないのですが、ミューズノータッチの詰め替え用は他のハンドソープより高いみたいです。ざっとみたところ5〜600円ってとこかなあ。買えない金額ではないのですが、ドラッグストアのノーブランドのハンドソープが98円で売られてるのを知っているとやっぱり高いと感じるかも。

わたしの場合高いと感じるか感じないかはその時の気分によるところが多い気がしますが(^^;;


ググると詰め替え用のボトルの中に別のハンドソープを詰め替える裏技が出てきます。みんな考えること一緒だ∑(゚Д゚)


ただ、毎回詰め替え用のボトルごと交換できるって、衛生面からみるととても良いと思ってるんです。なんとなくですが詰め替えって雑菌が繁殖しそうな。。。


それに、詰め替え作業自体がすごく楽です。


なにしろ逆さにして差し込めばいいだけですから。


手間を取るか手間暇を買うかって感じですが、詰め替え用への詰め替えは正直めんどくさそうです(^^;;

案外減りが少ない

これは意外だったのですが、案外ハンドソープの減りが少ないです。


もっと早くなくなると思っていました。


少ない量のハンドソープをボリューミーな泡に仕上げているようで、1回分の量が多いと感じる割に、手動のハンドソープを使うよりも少ない量で済んでいるようです。


結果、詰め替えを買い換える頻度が若干少なくなると予想されます。

本体自体が綺麗に保てる

ノータッチというくらいで本体に触らなくていいんです。


触らなくていいということは汚れもつきにくいです。


ハンドソープのボトルって案外汚れません?


キャップのギザギザの部分とかにいつの間にか石鹸カスがたまったり、本体の底も気がついたらドロドロだったりとかなり汚れます。


ミューズノータッチは本体に触らないので汚れが少ない。


底も脚が付いているのでボトルの底のプラスチックの継ぎ目に沿ってカビが生えるなんてこともありません 笑


もちろん時々は掃除しないとダメですけどね。


その時は電源をOFFにすることをお忘れなく( ´ ▽ ` )

なにしろ便利

等々述べてきましたが、総合的にめちゃめちゃ便利なんですよ。


人間楽な方に流れるんですかね?


試しに1つだけミューズノータッチを買ったので、別の場所はまだ手動のハンドソープを使っているのですが、その手動のハンドソープボトルの前に手をかざして待つことも1度や2度ではなく(^^;;

わたしにとってはデザインだけがネックなんです。


デザインの素敵な自動ハンドソープディスペンサーを見つけて(今の所ないんだけど)乗り換えようかとも思っているのですが、詰め替えボトルごと換えられる清潔感は捨てがたい。

シャンプーや洗濯洗剤は詰め替えてるのにね。この矛盾(^^;;


ビンゴのデザインが出たら買い換えればいいかなあ。。。と思っているのでひとまずもう一台ミューズノータッチを追加しようと検討中です。

それでは今日はこのへんで。

素敵な一日をお過ごしください☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする