魚焼きグリルで!!石焼き芋の作り方


おはようございます Nana☆です。

秋です。


お芋の季節です。


わが家の娘っ子は焼き芋が大好き。


しかも蒸かし芋とかレンチンじゃなくて「焼き芋」が好き。

学校でお芋堀りをしたときに「家で石焼き芋をするんだ^_^」といって大量のお芋と一緒に直径5cmくらいの石をゴロゴロと拾って帰ってきました。さぞ重かったことでしょう(・・;)


うーーーん、でも直径5cmの石を拾ってきても家じゃ石焼き芋できないんだよね(・・;)


とはいえ、そこまでして焼き芋を食べたい娘の気持ちには応えてあげたい。


でも石焼き芋のためにわざわざ道具を揃えるとかしたくない←


ということで家にあるものでなんとかできないかなあと思ってやってみました。

スポンサーリンク

魚焼きグリルで石焼き芋


家で焼き芋というと、魚焼きグリルかトースターか…鍋に穴開けて石を敷くっていうのもあったな。でも石焼き芋専用の鍋とか有り得ないから却下。


石を拾ってきたということは石焼き芋だよね(なるべく娘の希望を忠実に具現化したい自己満足親心)


石ね、石……!!!


おぉ!わが家の魚焼きグリルには石が敷いてあるじゃないか!これ使えんじゃね?


ということで早速チャレンジ!

わが家の魚焼きグリルには

魚焼きグリルで焼き芋の作り方
魚焼きグリルで焼き芋の作り方

アルミシートとグリル用の石が敷いて有ります。ともにダイソーです。

これが敷いてあると、遠赤外線効果とやらで魚が美味しく焼けるらしいのと、魚焼きグリルを毎回洗わなくてすむ(こっちが主な目的)ので愛用しています。石は黒くなるまで使えるので黒くなった石を取り除きつつ何回か使います。

魚焼きグリルで焼き芋の作り方

グリル敷石一袋を開けるとこんな感じ。


今回は焼き芋ということで2袋行きます。

魚焼きグリルで焼き芋の作り方

アルミホイルで包んだサツマイモを置いて加熱。

魚焼きグリルで焼き芋の作り方

時々サツマイモの向きを変えながら約2時間。楊枝を刺してすっと通ったら完成です。


じゃん!

魚焼きグリルで焼き芋の作り方

完成。


蒸かし芋でもレンチン芋でもないほくほくの焼き芋のできあがりです。


娘が待ちきれなかったので今回はこのくらいですが本当はもう少し加熱したかったです。するとほくほく度が上がります。

ネックは時間がかかることと時々魚焼きグリルが自動的に止まってしまうこと。


基本放置で大丈夫なんですが、様子をみつつ根気よくという感じです。


それでは今日はこのへんで。

素敵な一日をお過ごしください☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする