テレビくんにきをつけて


おはようございます。

Nana☆です( ´ ▽ ` )


先日TV番組を見ていたら


「なぜ人は毎年風邪をひくのか?」


というテーマを扱っていました。


人はウィルスに感染するとそのウィルスの抗体ができるけれど、いわゆる風邪の症状を引き起こすウィルスは200種類くらいあるので、別のウィルスに感染したら風邪をひいてしまう。毎年風邪を引いている人は実は毎年違うウィルスに感染しているということ。


という内容でした。

スポンサーリンク


風邪予防の対策として「手洗い」が推奨されていたんですが、手洗いを推奨したいがためなのか「うがいでは100%の予防できるわけではない」ということも言っていたんです。言外に「だから風邪の予防にうがいは意味がない」と含ませて。

何事も100%防ぐなんて無理に決まってるじゃないですか。


でも少しでも確立を減らすために予防策をするんでしょ?

* * *

「100%予防できるわけでない」


まさにおっしゃる通り。


でもね、だから「風邪の予防にうがいは意味がない」と方向づけるのは極端でしょ(-。-; と思うわけです。


そんなこと言ってないんですよ。


うん、一言も言ってなかった。


でも「うがいは意味がない」と受け取れる言い方をする。


うまいなあ〜と思ってしまいました。

* * *

テレビを見ると、ちょくちょく

「これは鵜呑みにできないな」

とか

「そう結論づけるのは無理あるんじゃね?」

と思うことがあります。

でも後日周りでその番組の話題になると案外みんなテレビのいうことを鵜呑みにしている。


テレビの言ったことをそのまんまの形で受け取っていて怖いなと思うんです。

* * *

五味太郎さんの『テレビくんにきをつけて』という絵本があります。


最初にこの絵本を読んだとき意味がわからなかったんです。


なぜなら、この絵本に登場するテレビくんは嘘ばっかりつくんですよ。

「きいろの クレヨンは たまごで できてるんだよ」

とか

「いちごの ブツブツは ごまだよ」

とか。


子供相手になに嘘ついとんじゃい٩(๑`^´๑)۶


と思ったんですが

「テレビのいうことを鵜呑みにしてはいけないよ」


という本だったんだなあと気づきました(遅い!)


親のフォローが必要な絵本だ。


深いです。


そしてそれをこういう形で絵本にしてしまう五味太郎さんって凄い。


今日は久しぶりに『テレビくんにきをつけて』を子供と読んでみようと思います。


子供は「嘘だー!」


と突っ込んでくれることでしょう( ´ ▽ ` )


それでは今日はこのへんで。

素敵な一日をお過ごしください☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする