大量のDVD・Blu-rayを引き出しにすっきり収納する方法


おはようございます。Nana☆です。


わが家はテレビ番組を予約録画しています。


妖怪ウォッチとかドラえもんとかしんちゃんとかプリキュアとか仮面ライダーとかスーパー戦隊とかポケモンとかここたまとかジョージとか真田丸とかヨシヒコとか。


1週間でBlu-rayのHDの残量が飛ぶように減っていく(・・;)


見た番組は消去すればいいんでしょうが「消さないでー」と言われるので仕方なくBlu-rayディスクに落としています。


全部の番組を保存しているわけではないのですがDVDやBlu-rayディスクの量もガンガン増えていきます(・・;)


それと同時に市販のDVDやBlu-rayも買うし、ホームビデオや保育園のお遊戯会のビデオなども年々増えていく。


以前は100均で薄型のDVDケースを買ってきて収納していたこともあったのですが、そんなんじゃ全然追いつけないほどあっという間に大量に増えました(^^;;

スポンサーリンク

DVD・Blu-rayディスクをすっきり収納する方法


頭を悩ませていたDVDやBlu-rayディスクの収納ですが、以前職場でソフトウェアを管理していたときの方法を思い出し採用してみました。

その収納方法とは、DVD・Blu-rayのパッケージから取り出しディスクだけを収納する方法。


市販のDVD・Blu-rayをパッケージからディスクだけを取り出して収納しています。
パッケージは段ボールにまとめて別の場所に収納しています。


そしてディスクの収納にはこれを使います。


これ、薄いのですが適度に硬さがあって立てて収納できるんです。そして上部にラベルを入れられるので見たいDVD・Blu-rayディスクを探すのが簡単です。

職場ではこのDVD・Blu-rayディスクをDVD収納ボックスに入れていましたが、わたしはテレビボードの引き出しに収納しています。

大量のDVDを引き出しに収納


引き出しに直接収納するので、相当数を収納できます( ´ ▽ ` )

DVD・Blu-rayディスクを収納するときのポイント


わたしが使っているDVD・Blu-rayディスクの収納は両面収納できるタイプです。


ですが、シリーズもの出ない限り裏面には収納しないようにしています。


というのも、これだけ大量にあると目的のDVD・Blu-rayディスクを探すときに裏面まで見ていられないんですよ。


表面のラベルだけざーーーーっと見て探せるように裏面に単体のディスクは入れないようにしています。


市販のDVD・Blu-rayディスクのパッケージを処分しない理由ですが、子供がもう少し大きくなったらこの大量のDVD・Blu-rayディスクもいらなくなると思っています。


市販のDVD・Blu-rayだけならここまで大量ではないのでパッケージに収納して保存というスタイルに戻してもいいかなと思っているので、パッケージも処分せずに保存しています。


それでは今日はこのへんで。

素敵な一日をお過ごしください☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする