脱!非おしゃれファッションへの道


どうにかこうにか自分のファッションがおしゃれに見えないか日々探求しているNanaです。


おはようございますm(_”_)m

おしゃれファッションって結局のところ自己満足だと思ってます。


自分が気分よく過ごせればいいんじゃないかと。

スポンサーリンク

わたしがモットーとしている言葉は


おしゃれな服よりもダサい服の方が印象に残る


というもの。

信頼を築くには時間がかかるけれど失うのは一瞬


という言葉もあるように


マイナスイメージって印象に残ります。


なので、心がけているのは


ダサい服を着ない


ということ。

極端な話


イケてる服3着 + ダサい服7着


で着回すくらいなら


ダサい服7着を処分してイケてる服3着のみを着回した方がいいということ。


こうすると


「 誰にも会いたくない服の日 」(笑)


がなくなるため常に気分よく過ごせて自分のファッションにちょっと自信が持てます。


自信が持てると表情とか姿勢とかにも違いが出て、余裕とかゆとりとか言われるものが生まれて、より素敵に見える効果があると思っています。

* * *

次に気をつけていることは


自分のスタイルを決める


ということ。


世の中たくさんのファッションのジャンルがあって、各ジャンルに星の数ほどの洋服があります。


カワイイからカッコイイから真面目、個性的と様々。


色味もモノトーンやらパステルカラーやらビビッドカラーやら。



「 あれもカワイイ、これもカワイイ、これも素敵 」


イイと思った基準で洋服を買っていると、アイテム単体ではカワイイのになんとなく変な組み合わせになり結果「ダサい服」になってしまうわけです(´・ω・`)ショボーン


なので、パーソナルカラーやパーソナルデザインを取り入れて、自分に似合うであろうファッションスタイルの洋服のみ買っています。


ちなみにわたしは、わりとカッチリとした洋服が似合うようなので、ひらひらふわふわ系の洋服やパステルカラーの洋服は処分しました。


カワイイよりもカッコイイ系を選ぶようにしています。


結果、以前のように「着ていく服がない」と悩むこともほぼなくなり

(まだ時々はあります。が、それは「必要な洋服が足りてないから」といえる状況にまでなりました)


そのくせクローゼットが洋服で溢れて閉まらないという状況もなくなりました。


余計な服を買うこともなくなったためクローゼットも引き出しもゆったりして洋服が探しやすく快適です( ´ ▽ ` )


それでは今日はこのへんで。

素敵な一日をお過ごしください☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする