白菜の芯が嫌いな人でも食べられる白菜の切り方


おはようございます。Nanaです。


お鍋好きを豪語しているわたくしですが、お鍋の具合としての白菜はイマイチ好きではありません。


誰に似たのか子供達もお鍋の白菜は好きではありません(^^;;

お鍋の白菜って基本そぎ切りだと思うんですが、この切り方だと白菜の芯の特に筋が存在感をエライ主張してくるじゃないですか。


淡白の味のくせに存在感主張してんじゃねーo(`ω´ )oと思うわけですよ(逆ギレ)

そんなわたくし達でも「これなら食べられる」という白菜の芯の切り方をご紹介します。

スポンサーリンク


葉を一枚ずつ剥がします。


白菜の芯の切り方

そして緑の葉の部分と芯の部分を切り分けるようにV字にカットします。


緑の葉の部分は適当にざく切りにします。
こちらは存在感主張しないので食べられるから(^^;;

白菜の芯の切り方

芯の部分は横に半分に切り、筋に沿って縦に短冊切りにします。

白菜の芯の切り方

こうすると、ほら、大根の短冊切りみたいでしょう?笑

当たり前ながら切り方を変えたところで白菜は白菜なんですが


メイン具材を押しのける勢いのバリバリの存在感だった白菜の芯が、3歩下がってついてくる慎ましやかな存在くらいにはなります。

「 筋張ってこそ白菜の芯でしょ┐(´-`)┌ 」

という方にはおすすめできませんが


「 白菜の芯って何か口の中に残るよね 」

と思われてる同志の方はぜひ一度お試しください。


それでは今日はこのへんで。

素敵な一日をお過ごしください☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする