年賀状に大活躍!!のフリクション


今年も残すところあと1日となりました。


来年もよろしくお願い致しますm(_”_)m

さてさて、お正月です。


お正月といえば年賀状です。

スポンサーリンク

写真年賀状が厳しくなってきた


去年までは1年間に撮りためた写真からピックアップして、写真の多い年賀状を作っていたのですが、だんだん難しくなってきました。


というのも


理由1
上の子が休みの日に友達と遊びに行ってしまうので、家族で出かける機会が極端に減った。


理由2
運動会や七五三等の大きなイベントではビデオカメラがメインになり、一デジを持っていかなくなった。

だって重いんだもん(^^;;
スマホカメラの性能が上がったのも一因。
下の子がじっとしてないので、ビデオ係と下の子係で手一杯で一デジ係まで手が回らないのも一因。


理由3
ときには写真を取る機会もあるけれど、上の子がキメ顔をするようになり、それが全然キマってなくて、せっかく撮った写真がぶっちゃけ使えない。多分小学生あるある(-”-;


そんなこんなで今年一年で使える写真は七五三用にスタジオで撮った写真のみ、という事態になりましたΣ(゚д゚lll)


「なら、その七五三のスタジオ写真を使えばいいんじゃない?」


って話しなんですが、孫の写真を見て一番喜ぶであろうじぃじばぁばにはつい最近、その七五三のスタジオ写真をこれでもか!と詰め込んだアルバムを渡しちゃったんですよね。


詳しくはこちら

渡したばっかりだと写真の記憶は新しいですから、年賀状を見たときに


「またこの写真?┐(´-`)┌」


ってなるよなーーーと思っちゃったんです。


わたしなら間違いなくそう思うからね。


めんどくさがってアルバム作りを引き伸ばしに引き伸ばしたツケが今ここにorz

スポンサーリンク

そんなこんなで今年は大人しくイラストにしました。


もちろんハガキ全面にイラストがあって余白が殆どないやつ。


そしてイラストの中に


「明けましておめでとうございます」


とか


「今年もよろしくお願い致します」


とか書いてないやつ。

だって、それがイラストの中に書かれちゃってると、それ以外の一言を書かなきゃいけないからね(^^;;


何年も会ってない親戚に出す年賀状からこの文章を取り上げられちゃうと書くことないですから(・・;)


そんな感じでコスイ努力をしています(^^;;

書き直しの効くフリクション

という、ほぼほぼ定型文しか書かない年賀状なんですが、なぜか書き間違えるんです(-。-;


間違えちゃいけないと思うから間違えるのだろうか?

なので、年賀状にはフリクション必須です。


フリクションは熱に弱くて、熱があると消えてしまうので(フリクションの蛍光ペンでバッテンをつけた裏紙をコピー機に入れたら、コピーするときの熱で蛍光ペンのバッテンが見事に消えた。裏紙だったのにバッテンが消えて、どっちが生きてる面が分からなくなって焦った経験者 )


郵便の仕組みがよくわかってないのですが、ハガキを仕分けする超高速の機械を見たことがあったので、どこかで熱が加わって消えたりしないかな?と心配だったのですが、今のところ大丈夫です。

が、宛先面は印刷にしているので、フリクションを使うのは通信面だけにしています。

今年もかなり間違えたのでフリクション様様でした。


来年もお世話になりますm(_”_)m



Amazonはこちら


パイロット 4色ボールペン フリクションボール4 LKFB-80EF-B 0.5mm ブラック


楽天はこちら


それでは今日はこのへんで。

素敵な一日をお過ごしください☆

スポンサーリンク

この記事も読まれています


年賀状の図案を選ぶにもコツがあるんです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする