手が汚れない!洗い物が出ない!フライパンを使わないハンバーグ

洗い物なし手が汚れない簡単ハンバーグ


昨日、ひき肉が余ったからすき焼きという記事を書きましたが、コアな読者様はわたしがひき肉料理を作るのが好きじゃないというのを覚えていらっしゃいます?


代表的なのがハンバーグなんですが、ハンバーグって


玉ねぎ切って、炒めて、冷まして、ひき肉と卵とパン粉とetcと捏ねて、成形して、フライパンで焼いて…って工程が多過ぎる。


しかも、そこまでしたのに出来上がった料理は、初心者でもできる簡単料理の部類に入るわけで…。


費用対効果ならぬ手間暇対効果が低い料理だと思うんですよね。ぶつぶつ。

まぁ結局のところ、ハンバーグは食べる側としての自分がそれほど好きじゃない料理なので手間暇かけたくないってだけなんですが(^^;;


なのですが、先日、いつもお世話になってますcookpadで、その名もずばり「ずぼらなジューシーハンバーグ」という、わたしのために作られたかのようなレシピがあるのを知り、作ってみたところ「こりゃいいね( ´ ▽ ` )」ってくらい楽チンで、以来何度か作っているんです。

子供はハンバーグ好きだからね。


河杢玲子さんマジ神ですm(_”_)m

スポンサーリンク

救世主河杢玲子さんのレシピはこちら

⇒『洗い物ゼロ!ずぼらなジューシーハンバーグ』


このレシピは2人前なので倍量しました。

一人前のグラタン皿なんてオサレなものはないので、耐熱容器でドドーーンと。

途中、電子レンジにかける時間が問題ですが、わたしは目で見て火が通ったなと思えるくらいまで加熱しました。

もしかしたら中心はまだ生かもしれませんが、オーブントースターで更に加熱するのでOK。

最後に耐熱容器の中で一切れ分ずつにカットしてしまいました。

そうすれば食事のときに取りやすいし、中まで火が通っているかもチェックできます。

このレシピの素晴らしいところは


① 洗い物が少ないところ
包丁とまな板と耐熱容器くらいです。


② 工程が少ないところ
材料をビニール袋に放り込んだらビニール袋ごと捏ねて、耐熱容器に入れたらOK。フライパンで作るのが正統派ハンバーグより断然工数が少ないです。


③ 肉が耐熱容器にこびりつかないところ
できたはいいけど、耐熱容器にこびりついて剥がれなくてボロボロになっちゃうかなあ?なんて想像していたんです。

でも、ひき肉は脂が多いことと肉は縮むということを忘れていました。

耐熱容器に脂を敷かなくても、ひき肉の自然の脂がふんだんに出るし、肉が縮むおかげで耐熱容器とハンバーグの間に隙間ができるくらいです。


剥がれなくてボロボロになるなんて杞憂でした。


ゆえに後片付けも楽チン。


脂でギトギトなのは仕方ないですけどね(^^;;


なにしろ調理中に手が汚れない&脂でギトギトの調理道具が出ないのはとても助かります( ´ ▽ ` )


それでは今日はこのへんで。

素敵な一日をお過ごしください☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする