レゴブロックとダイヤブロックの違いと老眼とわたし


先日、ブルーライトカットのスマホ保護ガラスフィルムにしたNanaです。


おはようございますm(_”_)m


その後スマホの保護ガラスフィルムの調子はまあまあです。


ガラスフィルム自体につく傷が思ったより目立つのでマイナス1ポイント(´・ω・`)ショボーン


わたしはスマホを手放せないので、ちょっとは目のことを気にしてたんですよね。


なので、気休めかもしれないけどブルーライトカットの保護フィルム使ってみたりして。ほんと気休めなんだけど(^^;;


ああ、それなのに、それなのに(気休めといいつつ期待感たっぷり)

スポンサーリンク


先日、子供と一緒にオモチャを片付けていたんです。


わが家にはレゴブロックダイヤブロックがあって、基本的にその両方を一度に遊ぶことはないんですが、その時はたまたま両方出ていました。


知ってます?レゴブロックとダイヤブロックって、大体大きさが同じなので、ちょっと力を入れればはまるんだけど、今度は外すのが大変という厄介な関係なんです。

ぱっと見、違いはわからないくらい微妙で、よくよく見ると


レゴブロックとダイヤブロックの違いと見分け方
左がダイヤブロック。右がレゴブロック。


レゴブロックよりダイヤブロックの方がピンの長さが長いんです。

ブロック自体の厚みもダイヤブロックの方があるっちゃあるけど、厚みは色んなサイズがあるので。


これが、はまるけど外しにくいという、レゴブロックとダイヤブロックの関係。

レゴブロックとダイヤブロックの違いと見分け方

レゴブロックについてる「テコの原理ではずす道具」とか「頑張る」とかで外せることは外せるけどブロックちっちゃいしね。力が入りにくい(ー ー;)

しかも、数だけはたくさんあるし、レゴブロックとダイヤブロックはできるだけ近づけない方がいいです。


この2つは同時に遊ばないことを強く強くおすすめしますm(_”_)mマジで!

レゴブロックとダイヤブロックの違いの見分けは、裏っ側とピンの長さとロゴです。


裏はこんな感じ

レゴブロックとダイヤブロックの違いと見分け方
左がダイヤブロック。右がレゴブロック。


レゴブロックとダイヤブロックの違いと見分け方
こちらはダイヤブロック。

レゴブロックとダイヤブロックの違いと見分け方
こちらはレゴブロック。レゴブロックの方はピンにロゴが入ってます。

でもね、目立たせたいわけじゃないからロゴはブロックと同色なんですよね。

このピンの先にあるロゴを見ようとすると…

うっ(・・;)

ってね(^^;;


離せばわかる…かも、を初めて経験しました(^^;;


スマホ老眼なのか、夜だから疲れてたのか、家が暗いのか、ただの老化現象か。。。


いずれにしてもロゴが見えにくいことには変わりなく、とほほな最近です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【取寄品】ダイヤブロック ベーシック250 diablock BASIC 250…
価格:2700円(税込、送料別) (2017/1/19時点)


それでは今日はこのへんで。

素敵な一日をお過ごしください☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする