バレンタインデーの友チョコに最適!チョコレートクランチの作り方


1月も下旬になりました。


そろそろ気になるのが節分のメニューとバレンタインデーのチョコ。


今日は友チョコ用に、チョコレートクランチの作り方をご紹介しますっ。


ディズニーランドのチョコレートクランチのような感じになって間違いのないお味です( ´ ▽ ` )

スポンサーリンク

使うものは、板チョコ4枚とチョコレートシリアル280g。


そしてシリコン型です。これズボラ道的ポイント!


作り方の大雑把な説明としては

「溶かしたチョコレートと砕いたチョコシリアルを混ぜて冷やし固める」

です。


それでは作り方の詳細(?)行ってみよう!

チョコレートクランチの作り方


① ビニール袋にチョコレートシリアルを入れて揉んだり叩いたり麺棒で伸ばしたりして砕きます。


砕かれたシリアルで袋が破れることがあるので、袋を2重にするといいかも。


わたしは厚手の袋を2重にしてます(^^;;

シリアルは細かければ細かいほどいいです。


荒い方が歯応えがいいかな?と思い試したこともありますが、シリアルが大きいと硬くて食べにくいです。


そしてシリアルが細かい方がディズニーランドのチョコレートクランチ度が上がります。


② 耐熱のボウルに板チョコをバキバキ割りながら入れて、電子レンジで加熱します。1分くらいから始めてください。


取り出して混ぜても全然混ざらないようなら10秒追加熱という感じで。


電子レンジでチョコレートを溶かすとあっという間に溶けるを通り越して焦げるので慎重に。

③ ②に①を加えてよく混ぜ合わせます。

④ ③をシリコンの型にギュッギュッと押し込み、冷凍庫で15分ほど固めたら完成です。

おすすめのシリコン型


ただの湯煎したチョコレートを流し込むのと違ってチョコレートクランチは型から外すのがちょっと難しいので、取り出すときにプニプニと形のかわるシリコン型はおすすめです。


小学生低学年までか逆にJK以降の女子におすすめの、成功して可愛い形はクマのシリコン型なんですが、耳の部分が小さいので、ここが欠けてしまうことがあります。


そうとうギュッギュッとやらないと欠けちゃう。


でも欠けちゃっても丸なので別に変ではない。


もらった方は言われなければクマだとは気づかない。笑


そして目とか鼻とか細かい部分は表現されないです。

チョコレートクランチ自体がボコボコしてて可愛いので、普通の四角いシリコン型のようなシンプルな型でも可愛く仕上がります。


お好きな形でお試しくだい( ´ ▽ ` )

それでは今日はこのへんで。

素敵な一日をお過ごしください☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする