アートメイクでMRIを受けると火傷する?カラコンはダメ?


先日、人生初のMRIを受けて来ましたNanaです。おはようございますm(_”_)m


MRIと聞いてまず気になったのがアートメイク。


わたしは眉とアイラインにアートメイクを入れています。


アートメイクしてるけど、MRIを受けられるの?受けたら火傷するの?

スポンサーリンク

アートメイクがMRI検査部位から離れていればまあ大丈夫


もうね、しつこいくらい確認されました。


まず、いきつけの病院の先生に。


次にMRIは専門の検査機関で行ったので、その予約を取るための手続きのやりとりで看護師さんに。

そしてMRI検査機関の問診で。


次に検査員による説明で。


最後にMRIの検査の部屋に入る前に。

全部で5回です(^^;;

まず、いきつけの病院の先生に眉とアイラインにアートメイクをしていることを伝えると


「 今回の検査部位は腹部で、顔には当てないから大丈夫だと思う。アートメイクをしているところにMRIを当てると人によっては火傷することがあるんだよね。だからMRI受けるときにも伝えてね。」


とのことでした。


MRIの予約申し込み票のチェック項目にも刺青やタトゥーと並んで(というか押し退けて先頭に)アートメイクが載ってたんで、今やタトゥーよりアートメイク人口の方が多いのかなあ。。。


実際のMRI検査機関の問診では、同意書の中に「アートメイクがあると火傷をする可能性がある」という一文が入っていて、それを踏まえた上での同意書へのサインでした。


ただ、同意書にサインしたからと言って、火傷しても当然という処置をするわけではなくて、極力火傷しないように気をつけてくれるそうです。


今回わたしはアートメイクは顔、MRIは腹部だったので残念ながら「気をつける」がどういうものかは分かりませんでしたけど(´・ω・`)ショボーン


なぜアートメイクがあってMRIを受けると火傷するかといいうと、アートメイクの染料の中に金属が含まれていることがあって、それが反応してしまうんだそう。


同じ理由で、ファスナーやボタンやワイヤーといった洋服や下着の金具、カイロ、ヘアピン、入れ歯もダメです。


また、発熱する素材もダメで、ヒートテックや湿布もダメです。

意外と知られていないカラーコンタクトレンズ


意外なところではカラーコンタクトレンズもダメなんですよ。


これ、案外知られてないと思いません?


今までMRIを受ける世代にカラーコンタクトレンズユーザーがいなかったからだと思うんですけど、これからはカラーコンタクトレンズユーザーもMRIを受ける機会が増えてくると思うんです。


通常の透明なコンタクトレンズは問題ないんですが、カラーコンタクトレンズは外さなくちゃいけません。


使い捨てだと困っちゃいますよね(´・ω・`)ショボーン


MRIを受信するときは、カラーコンタクトレンズをしてこないようにするか、もう1つ持ってくるかの対策が必要です。


それでは今日はこのへんで。

素敵な一日をお過ごしください☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする