お弁当に冷凍ブロッコリーを入れたい!水っぽくならないための方法を探す旅


わりとなんでも冷凍しちゃう派なんですが、ブロッコリーだけは冷凍してないんですよ。


理由は水っぽくなっちゃうから


加熱調理するなら問題ないんだけど、自然解凍で食べようとするとべちゃってなる(´・ω・`)ショボーン

スポンサーリンク

娘のお気に入りだったこともあり、彩にもなってかさばるので(^^;; わが家でブロッコリーはお弁当に欠かせない食材です。


レンチンして、ペーパータオルの上に置いて水気を切ったら、塩を振って完成。


お鍋で茹でるより歯ごたえが残って水っぽくもならず気に入ってます。


でも冷凍するとべちゃべちゃと水っぽくなっちゃうし、冷蔵すると2日くらいで臭くなっちゃう。


生のまま冷蔵庫で保存するのが一番長持ちする気がするので、都度必要分をカットしてレンチンしてブロッコリーの塩茹で(レンチン)を作っていました。


でもね、正直めんどくさいんですよ(・・;)

息子はこのブロッコリーの塩茹でが嫌いで、しばらく作っていなかったのですが、アルミカップにベーコンとブロッコリーを入れ、上にチーズを置いてトースターで焼いたものならOK。


「お気に入り」というより「これなら食べられる」というレベルのようですが(^^;;


お弁当に!水っぽくならないブロッコリーの冷凍方法
チーズで覆われ過ぎて肝心がグリーンが見えない(・・;)
これじゃ彩にならないじゃないかっっ。
チーズの乗せ方要検討


そこで、トースターで焼くなら水分が飛ぶんじゃないか?とハタと思いついたわけです。

早速、レンチンした塩茹で(だから茹でじゃないって!)ブロッコリーとベーコンをアルミカップに入れたものを冷凍。


取り出してとろけるチーズを乗せたものをトースターで焼いたところ、かなり余計な水分が飛んでいて、すくなくともベチャベチャではありませんでした。


今回はとろけるチーズを乗せてから焼いてしまったので、チーズが焦げるのを恐れて長い時間加熱ができず水分が少し残ってしまったのですが


次はチーズを乗せる前に少し加熱して水分を飛ばしておいてからチーズを乗せてさらに加熱するか、チーズに焦げ目がつくまでカリッカリに焼いて水分も飛ばしちゃう方法でチャレンジしてみますっ。


それでは今日はこのへんで。

素敵な一日をお過ごしください☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする